QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2009.10.19 (Mon)

オーバーインテンシティ

土曜に書いたやつの補足事項
オーバーインテンシティと言うのは…

・FTP以上で20min×2LTワーク
・100%FTPで20min×3LTワーク
・5MP以上で5min×5のL5ワーク

…といった、能力ギリギリのワークアウトを行うこと。一見「追い込め」ていいような気がするが、そこが罠。

FTPも5MPも日々変わっている。(超)回復、レストのとり方・・・見積もりより上にずれていればあまり問題ないですが、下にずれていたら?

想定よりダメージが大きい、回復できない、結果的に想定する(あるゾーンでの)ボリュームを稼げない。だから、迂闊に上記例のようなギリギリの設定をやるのは、リスクが高い。

昨今、陸上のMペースやサイクリングのSSTといった、ややマイルドなインテンシティでより長時間のワークアウトを行う潮流がでてきたのは、オーバーインテンシティ回避も理由の一つだと思います。パワーメータはストリクトなペース制御にも使えますが、できないことを無理にやるための道具ではないです。練習なんだから、まず「できること」を多くやらないと。

もしも、例えばPure LTワークで100%FTP vs. SSTで88%FTP、微妙に結果に差異は生じるかもしれない。だとしても、「微妙」ならリスクの少ない方がトータルではイイ。実際、「微妙」かむしろSSTの方が結果が出やすかったりして。

ただ、より長時間やらないといけないのは確か。

タグ : トレーニングメニュー

12:43  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/798-b85a50a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。