QLOOKアクセス解析
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2009.07.03 (Fri)

Your body is very quick to use protein for energy.

(1)昨晩のワークアウト
01h13m
0650kJ
Avg.148W

朝同様、グリコーゲンを過剰に消耗しないようなスローなペースで入間川を往復。木曜は朝晩とも抑えた。水曜朝のデータを確認したところ、結局40min@230W(96%FTP)が含まれていた。水曜夜もサブLTワークが入って消耗している。


(2)今朝のワークアウト
01h36m
1117kJ
Avg.194W

回復してきている。しかし土曜にTTを行いたいので今日はまだ抑えておく。全体の平均時速32.2kph。自宅-入間大橋26:30。自宅-秋ヶ瀬端っこ自販機57:30@201W、32.2kph。秋ヶ瀬公園内ルートを使用。今日はおそらく南東よりからの風があったか、全体にパワーに対して遅い。


(3)How Does Weight = Watts
http://groups.google.com/group/wattage/browse_thread/thread/f6e12fca82c45611#

Scottyさんが
"If anything losing weight would decrease the wattage you can produce, given that it's very hard (impossible?) to only lose fat. Your body is very quick to use protein for energy. "
といっていて、そのリファレンスがこれ:
http://jap.physiology.org/cgi/content/abstract/48/4/624


つまり、グリコーゲン枯渇状態では、グリコーゲンが十分な状態に比して、かなりの量でタンパク質が分解、代謝されている。エネルギー代謝量の10%にも達するそうな。どこのタンパク質から、とは書いてないですけどね。

最後のSuzanne Atkinsonさんのポストによると、人体は自らの消化管を分解して、日常摂取タンパク質の50%を得ているという…

グリコーゲン不足状態でのトレーニングを重ねると(ゴホ、ゴホ)、体の色々なパーツがダメージ受けますから、エネルギー収支を見積もって気をつけないとダメですね。例えダイエット目的でもグリコーゲン不足状態でやるのは、後々マイナス。蕎麦とかまんじゅうとか食いましょう。

12:27  |  未分類  |  記事編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。