QLOOKアクセス解析
2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2008.06.03 (Tue)

立てこもり事件等

Tuesday, 3 June
(1) 会社の近隣で立てこもり事件発生。

(2) SRM PCVI
Bob Tobinさんのサイトより。SRM PC VIの情報です。
http://www.cyclepowermeters.com/powercontrol-vi-46-c.asp

その他WattageへのTobinさんのポストによると:

- Altitude表示に対応。

- 「File format seems to have changed so WKO+ wont import the files and you cant download to it.」
ええっ??それはいかん。まぁとりあえずSRMWinで落として貯めとけばいいけど。WKO+側でインポート早期対応お願いします。


(3) Pinotti's Giro TT data
http://www.velonews.com/photo/76962

一定のタイムウインドウの中でアベレージ374Wを守っているようなペーシングだな。割とスムーズなセクションでも350~420W(≒平均374Wに対し-6%~+12%)の変動幅で走っている。

Wattageでも指摘されていましたが、実はウォームアップがわずか18:50、最後1:30だけ300Wを超えている程度だそう。最近は自分もウォームアップ最小派ですが、クラシックなセオリーとは違うようです。


(4)「TSBだけでは不十分」 by AC
http://groups.google.com/group/wattage/msg/398a31810c8a66be
--------------
To add one additional caveat/constraint: TSB probably won't be
particularly indicative of performance potential unless carbohydrate
intake is adequate.
--------------

ごもっとも! でも見過ごしがちでした私。カーボローディング、レース中の補給の重要さ...というのは知識として頭にあったんですが、自分はまだまだ研究・実践不足な領域だと思います。


(5)Noakes on Let's Run Forum
最近“Lore of Running”にハマッてますが、著者Noakes(ノックス)さん本人がLet's run forumに登場。このトピックのp.44~47あたり。Steve McGregorさん(WattageでもおなじみStephen/Steve McGregorさんだと思います)との議論が面白いです。
http://www.letsrun.com/forum/flat_read.php?thread=2412208&page=44

ノックスさんといえば中枢制御モデル(Central Governor Model: CGM)理論。[1]の訳を引用させて頂くと、「1)パフォーマンスは脳によって決定される、2)トレーニング効果は脳に生じる」というもの。これはTabataトレーニングのように、運動生理的適応が生じ得ないような(実際、生じないそうですが)短期間で、パフォーマンス向上の生じる現象の説明として合理的です。

※CGMについて日本語で読みたい人はこちらを
[1] http://www.e-running.net/introduction/intro-ito01.html
23:21  |  未分類  |  記事編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。