QLOOKアクセス解析
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2008.01.28 (Mon)

サドル・ツイスティング

人のブログをチェックしていると、驚くほどみなさん左右非対称。やはり、本質的に左右非対称な動物であるヒトを、無理やり左右対称な乗り物、自転車にまっすぐ乗せようというのが無理な話だと思われる。自転車は左右クランクが繋がっている上に、体重の巨大な慣性でトルク入力のムラも吸収されるんだから、あまり左右のトルクバランスなんか気にしなくていいんじゃないか。それより、インジャリーを防止し、メタボリック面のトレーニング・ボリュームを損なわないことが重要に思う。

CNのFitnessコーナーでも、読者からの左右非対称の相談がホントによく出てくるんだよな…で、いつもSteve Hoggさん(http://www.cyclefitcentre.com/)が親切に回答してくれる。イイ人だ。気になる人は是非過去アーカイブをgoogleで検索してみて下さい。「site:http://www.cyclingnews.com/fitness/ 検索キーワード(例:asymmetric)」みたいに入力するといいですよ。


例えば、これとか・・・
Heel rotation and power
-----------------
From what you have said about not sitting square and feeling like you sit with right side of pelvis forward, it is worth twisting your seat off centre so that the centre of the nose of the seat points at right hand edge of the handle bar stem bar clamp. This will move the right hip backwards and the left hip forwards and should have an effect on the left heel rotation. Experiment with the degree of seat twist to find the best amount. Too much twist and you won't follow the twist and will be even less comfortable. Too little and nothing is achieved. The correct amount is when you feel straight(er) despite where the seat is pointing.
-----------------

サドルひねったままでもOKですよね、Hogg先生!
22:26  |  未分類  |  記事編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。