QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2011.07.28 (Thu)

LSDからSST 1250kJ 115分程


札幌で見つけたブラックサンダー饅頭

北海道のローカルコンビニ商品はレベル高いでした。大学生協のホッキおにぎりとかも良かったです。
21:30  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  記事編集

Comment

貧血の鉄剤についてですが、市販薬のファイチやエミネトンと病院で処方されるフェロミアなどの違いは鉄分の量だけなのですか?
実は市販薬は血清鉄としては吸収されないとか?
kin |  2011.07.29(金) 07:29 | URL |  【編集】

Re: 貧血の鉄剤について

>市販薬のファイチやエミネトンと病院で処方されるフェロミアなどの違いは鉄分の量だけなのですか?

薬剤単価、一錠あたりの含有量が異なります。また鉄としての含有形態が異なります。

エミネトン=フマル酸第一鉄90mg/錠
フェロミア=クエン酸第一鉄ナトリウム50mg/錠


> 実は市販薬は血清鉄としては吸収されないとか?

具体的にそれを示すデータは見たことがありませんが、例えば下記のような情報があります。
http://quiz.38-8931.com/quiz/2011/04/post-188.html
「鉄の吸収は胃液の酸度に影響され、酸性では速やかに解離して吸収されますが、低酸状態(中性から塩基性)では解離されても不溶性高分子ポリマーを形成しやすくなるので、吸収が悪くなります。

フェロミア(クエン酸第一鉄ナトリウム)は広いpH領域でも安定に溶存し、中性から塩基性溶液中でも腸管吸収が可能な可溶性低分子鉄として溶存する特性があるため、低酸状態でも吸収されます。

鉄吸収促進物質であるクエン酸との化合物であるため、ビタミンCとの併用も必要ないといわれています。」
tarmac |  2011.07.29(金) 10:11 | URL |  【編集】

ありがとうございます。
いまはエミネトンですがピロリンの一価鉄であるファイチに切り替えしようと思います。
赤血球数440
ヘモグロビン13.2
ヘマトクリット41.1
この微妙な数値では医師は鉄剤を処方してくれませんね(笑)
こっちは食生活では改善できねぇーから病院にきてんだろー!!
って言ってやりたいです(笑)
ターマックさんはどうしてます??

kin |  2011.07.29(金) 18:30 | URL |  【編集】

私も同じですよ。前にブログに書いてる通りフェロミアは「薬局アットマーク」で買いました。
tarmac |  2011.07.29(金) 20:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1788-0f3a2062

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。