QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.09.26 (Sun)

箱根ターンパイク スーパーヒルクライム 2010/09/26 区間データ+パワー推定

(1)5分ごとの上昇距離と勾配
基本的に、急勾配セクションほど、時間あたりの上昇高度は大きくなります。が。

スタート>
121m 8.7% ~283W ⇒いい歳こいてS根君(45:07でゴール)につられまして・・・ゴホゴホ
107m 9.9% ~238W ⇒S根君から切れてタレる
098m 8.3% ~224W ⇒ペースダウンしてどんどん抜かれる
098m 8.7% ~222W ⇒ペースダウンしてどんどん抜かれる
107m 10.4% ~238W ⇒おっ、復活してきたか
106m 8.4% ~244W ⇒さらに復活してる
096m 7.4% ~224W ⇒ちょっとフラットセクションがある
106m 8.7% ~243W ⇒ペース継続、でも想定ペースには到底及ばない
(こっからは下りも入るので省略)
>ゴール

PMをつけてなかったので、データから推定パワーをつけてみてます。
(speed_power_v2スプレッドシートを使用)

全体には110~115m/5分のペースでそろえるのが目標だったし、過去データから見ても十分可能だと思ってたけど、ダメだった。
※木曜の笠山(9%平均勾配)は109m/5分@270Wのペースで約24分。
  これよりやや低いパワーでも、レースでは装備が軽くドラフティングが効くから、十分可能な見積もり。

特に最初の3分は125m/5分というペース。計算上は291Wくらい。FTP比で大したことないように見えるワット数でしょうが、長年のトレーニングでL5とL4が非常に接近してしまってる俺にはね。そしてUPが十分できない状況で、急激な立ち上がりが苦手な俺は注意して避けるべきだった。S根君との実力差は想定以上だったし、何しろ彼は(おそらくまだまだL5がL4より上にあり)スタートが速くても平気。

平均ペースでいくなら、特に初コースなら、やはりPMが欲しい。上昇高度でペースの目星しはつくけど、やはり今日のように調子こいてしまったときなど、自分のセーブが効きづらいということがわかった。1分単位のバースト、ドラフティングや気象条件が複雑な場合も気づきにくい。

Wattの数字が見えているとペースUPに気弱になるという説もありますが、逆にいうと、そういう走りをしたいなら、そして初コースなら、PMがあった方がベターだと思った。10/17に八方があるけど、間に合うかなー

22:18  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1317-8a8bc037

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。