QLOOKアクセス解析
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.09.20 (Mon)

群馬県甘楽町 那須庵(蕎麦打ち体験)


お一人様¥1000から。しかし感動はプライスレス

ニホラン選手にお付き合い頂き(含 塩沢峠TT)初トライ。歴戦のマダムが手厚く指導してくれ、難しいところは手を貸してくれます。

…で、普通に味も食感も満足な二八蕎麦ができた。やりました!その場で早速頂きました。

しかしこんな簡単で良いのか?見た目はアレとして、どうかんがえても、これ以下の蕎麦の店が多いよなぁ。うーむ、結局、粉が全てなのかねぇ。


18:12  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  記事編集

Comment

木鉢ご成約おめでとうございます。

たくみの里での小山家の出来とは相当違うもののようでなによりっす。そばもんとか読んでイメトレして挑んでたら違った結果になったのだろうか... あとは...そば粉ですかそうですか...
oyama |  2010.09.20(月) 20:31 | URL |  【編集】

>>移転おめでとうございますoyamaさん

全くもってそばもんはマストですね。打つ場所があれば木鉢も買って帰るところでした。

・・・増長してみました。タネを明かすと、ここはばあちゃん達がマンツーマンの付き位置で見張っててくれるので、失敗しようがないのですよ。是非ここでリベンジしてください。

例えば、練って玉にするとき水を多くするとやりやすい(「ズル玉」という状態)ですが、ここでは「え、水これだけ?全然パサパサしてるよ?」といった感じの、硬くもならない柔らかくもならない、ギリギリの加水加減をばあちゃんが教えてくれます。それ以上水をいれさせてくれません。

で、言うとおりにやっているとちゃんと玉になるんですねこれが。で、出来上がりはもっちり、硬くも柔らかくもなく、くっつくこともなく、満足でした。
tarmac |  2010.09.20(月) 21:15 | URL |  【編集】

今回は、お付き合い出来ずにすみません。
それにしても、楽しそうだな。あ、そば打ちの方ですよ。TTの方じゃありません(笑
私も道の駅たけやまでやりましたが、ほんと手厚い指導で蕎麦の形にするのは思ったより難しくなかったですね。
あらかじめ先生達が作り出したレシピや手順、それと、しっかりした道具が用意されているのがいいんでしょうね。
家でやろうとすると打ち粉が飛びちるのでなかなか頻繁にやろうという気になりませんが、これから家を建てるのでしたら、自転車整備、ローラー練、そしてそば打ち用として土間があると便利ですね(笑
さいとー |  2010.09.21(火) 05:12 | URL |  【編集】

>>さいとーさん

粉がよく、水加減さえ間違えなければ、練るところはできそうな感じでした。伸ばす、切るで皺がよったり穴が開いたりしましたが、あの工程はマシンでやればOKかも?

打ち場は邸宅を構えられる身分になったら是非用意したいと思います。

他の麺類もやってみたいですよね。パスタマシンの活用例、期待してますよ!

ああそうだ、低酸素テントを買えば蕎麦打ち用粉末飛散防止チャンバーとしても流用できますか・・・

tarmac |  2010.09.21(火) 12:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1306-e853ebb4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。