QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.05.24 (Mon)

Dr. Inigo San Milan and iso-heartrate (一定HR) training

http://velocitynation.com/content/interviews/2009/inigo-san-millan
Dr.イニーゴ・サン・ミランさんについては以下の通り。
今年はGarminのアドバイザもやってるはずです。
-----
Inigo San Millan was formerly a physiologist for teams such as Vitalicio Seguros, ONCE, Saunier Duval, and Astana. For better or worse, he has worked with riders such as Joseba Beloki, Abraham Olano, Chris Horner, Fred Rodriguez, Jorge Jackshe, Leonardo Piepoli, David Millar, and Alexander Vinokourov.
------
今、Wattageの長いスレで話題になってます。
http://groups.google.com/group/wattage/browse_thread/thread/d307e11db6829853/

要は、HRベースのトレーニングってのも何か価値あるんじゃねぇかと。俺の意見としては・・・HR測定は無駄じゃないし、疲労度のモニタとして悪くないとおもいますが、一定HRゾーンを主軸にしたトレーニングは間違いだと思います。

上記のサン・ミランさんは実際に、パワーメータを使える場合でも、クラシックな一定HRのトレーニングを指導しているそうな。

で、スレに登場するJordanさんにお願いして、サン・ミランさんからもらったというベース期トレーニングプランのExcelを見せてもらいました。(みたい人は上記スレを辿ってJordanさんにメールするか、私にコメントください。)

一ヶ月周期でテスト(Lactate, 貧血など)を行い、トレーニングゾーンやボリュームを調整しているようです。
--------------------
Training Levels
Z1: Fiber Type: I.; HR: <138 B/Min (recovery)
Z2: Fiber Type: I; HR: 138-148 B/Min
Z3: Fiber Type: I & IIa; HR: 149-170 b/min
Z4 (LT): Fiber Type: IIa : HR: 172-178b/min
Z5: Fiber Type: IIa-Iib: 179-183 b/min
--------------------
うーむ、筋肉のファイバータイプを意識しているのですね。

ベース期のプランしか書いてないですが、やってることはあまり変哲ありません。
例えばこれはApr 1st weekの例。
-------------------
M: Off
Tu: 2'30h 2x 15min Z4 Climb
W: 2'30h Flat Z2
Th: 2'30h 2x 15min Z4 Climb
F: Club ride(competition pace)
S: 4h Z2 Flat
-------------------

【More・・・】

(2)追記
Differences in Cycling Performance at the Same Blood Lactate Concentration: Elite vs. Recreational Cyclists
Millan, Inigo San; Irazusta, Jon; Gil, Javier; Gil, Susana; Gotshall, Robert FACSM
http://journals.lww.com/acsm-msse/Fulltext/2004/05001/Differences_in_Cycling_Performance_at_the_Same.579.aspx

(3)追記
http://groups.google.com/group/wattage/msg/90a4af1cd3edc15a
-----------------------
Andy Coggan May 21, 8:04 pm

On May 21, 12:03 am, George Chester wrote:

> Could it be that he is attempting to assure the conversion of type IIa
> fibers to a more "endurance adaptive state", based on his longer test
> protocals and statements that might be interpreted to mean that a
> "Tour Contender" may not shine in classic testing but will be
> recognized in his longer test periods. ie a Tour podium rider isn't
> the fastest but the one who can go fast the longest?

A longer test protocol might do a better job of teasing out subtle
differences in metabolic fitness. However, gradually reducing the
exercise intensity of longer workouts as they progress (so as to keep
heart rate constant) would tend to diminish, not enhance, the
recruitment, of higher threshold (as in recruitmet, not lactate) motor
units.


Indeed, the classic approach to creating a true "long distance hard
man" is just the opposite, i.e., the exercise intensity is increased
late in a long ride, after the primarily-recruited motor units are
already fatigued.


Andy Coggan
--------------------------

タグ : トレーニングメニュー

13:04  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  記事編集

Comment

一定HRのいうのはどうかと思いますが、そのときそのときの状況を考慮して自分で細かく補正しながらやるとしたら、パワーメーター主軸よりもHRメーター主軸の方がトレーニングとして有効だと思います。基準を測定したときとトレーニングしているときの出力状況が全く同じで、経時変化もないならいいと思うんですよ。そのへん日々のアジャストの根拠付けが、パワーメーターではできないと思います。プロなら、ある程度コンディションをそろえたところでコントロールできると思うんですが。
まえだ |  2010.05.24(月) 14:09 | URL |  【編集】

HRを基準にしたゾーニングって、たとえて言えば、高地と低地でのHRmaxがわかっていたと仮定して、高地でXX%HRmax(HA)で練習するのと低地でXX%HRmax(LA)で練習するのは同じ練習効果が得られると言っているように聞こえます。もっと言うと、病気や疲労で弱っているときに全力出して練習すれば健康で調子が良いときに全力出して練習するのと同じ効果が得られるのか、と言うことです。
sugaken |  2010.05.24(月) 15:30 | URL |  【編集】

元スレ読んでないのでアレですが、疲労や高所など体への負担の大きい局面で頑張らせ過ぎないように、という実装?に感じますた。結果的に安全にトレーニングを継続できる、みたいな。
真のキモはHRの負荷設定ではなくて短いサイクルで実施する検査・修正の方だったりして。

あと高度にトレーニングされたアスリートは循環ドリフトの幅が狭そうで、応用できる(人の)範囲が実は狭いんじゃないかという気もします。とはいえZ4の幅狭いなぁ...
トレーニング初めたばかりの頃、軽微な負荷でも面白いようにHRが立ち上がっていったのを思い出す今日この頃。
oyama |  2010.05.24(月) 16:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1136-b1ffa849

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。