QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.05.09 (Sun)

LT LSD / 赤城鳥居厄落とし 練




写真で何があったのか理解できるあなたは神

車両点検は励行しましょう。
18:10  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  記事編集

Comment

下りでチューブバーストですか?!
おおお、おそろしや。
怪我はありませんでしたか?
さいとー |  2010.05.09(日) 18:59 | URL |  【編集】

>>さいとーさん

どうもメカニズムがよくわからないのですが、下りの緩いコーナー(40kphくらい)でいきなり「パーン」と。何が起きたか理解できませんでした。普通のパンクだと「プシュー」ですからね。

チューブはリム側で大きく裂けてます。リム右側面も2箇所、めくれたように変形してます。

空気パンパンのお古チューブが加熱と摩擦で破裂→リム変形(ここがよくわからない…)し、ブレーキ面が波状となり、ロックでコントロールを失った状態になった感じです。

tarmac |  2010.05.09(日) 21:40 | URL |  【編集】

はじめまして、いつもブログ拝見しております。

山形側ローカルからの報告。
来週の宮城側蔵王、試走して参りました。

最後の2km前後は、普段通行禁止のため走っておりませんが、
その手前料金所近辺で気温1~2℃ほどでした。
後半は長袖+長指グローブが必要な環境、ウインドブレーカーも預けではなく
ポケットへ持参(ゴール後、すぐに着用が必要か。。。)も考えた方が良さそうです。
預け荷物は冬装備やダウンベスト等が必要かも?

全体的に風が吹いています。
特に後半の「さいの河原」前後は注意。

関東から来られる方はもちろん、地元民でも充分な寒さ対策が必要です。
あと一週間、体調を崩されぬよう。
当日お会いできるのを楽しみにしております。
カッツ |  2010.05.10(月) 00:20 | URL |  【編集】

当て推量ですが。

下りのハイスピードブレーキングによりリム加熱 → 加熱によりチューブ内圧上昇 → チューブ内圧がリム耐圧を超過 → リム変形 → ビード脱出によりチューブバースト

でもtarmacさんってそんなに空気圧上げて走ってないですもんね。リムの製造上の欠陥 and/or ブレーキングによる磨耗などでサイドウォールに特別弱い部分があったのでない限り、このシナリオは考えにくそうだなぁ。
sugaken |  2010.05.10(月) 10:22 | URL |  【編集】

>>カッツさん

情報ありがとうございます。標高的に、赤城山にヘアが生えた程度かと甘くみておりました。
tarmac |  2010.05.10(月) 12:24 | URL |  【編集】

>>sugakenさん

順序的に加熱→バーストが先で、その後にリム変形ではないかと思っているのですよ。確か「パーン」の後にブレーキがおかしくなったと記憶してるんです。

空気圧は9barくらいだったかな?リムは2007年頃から使っているので、弱っていたのは間違いないと思います。
tarmac |  2010.05.10(月) 12:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1115-b280b7da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。