QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.03.09 (Tue)

VM 5x5min / L5/VM/ソリアは通年でやるべきか論

(1)今朝のワークアウト
00h57m, 700kJ, シロモト
VM 5min@
280W 283W 284W 286W 283W
w/ 3min rest (using アウター50T)

今期4回目のVM。先週末は戦略的手抜きに成功し、蕎麦も食ったので比較的フレッシュな感触。
前回(http://tarmac2006.blog103.fc2.com/blog-entry-1017.html 277W 281W 282W 282W 283W)と少ししか違わないように見えるが、SRMのスロープが違うので実は今日の方がだいぶハード。

前回は最後まで余ってしまったが、今日は最後にちょうどフェードがでてピッタリ。

(2)こんな感じて、L5/VM系のワークアウトはすぐに成果が出て、いかにも効果があるっぽい。…といって喜んで続けてもプラトーして、すぐ効果はなくなる。

ここからはポリシーの問題なんだけど、柿木さんやコーの考え方は「マルチ・ティア」と言って、L4もL5も通期で取り入れて行くやり方。つまり、通期でL5ゾーンのパフォーマンスもある程度維持した方が無駄が無い、ピーキングに時間が掛からないっていう方針だと思う。

リディアード型はL5(陸上の世界では単に「インターバル」とか「Vo2Max interval」とか?)をレースの手前にしかやらない。L5を入れるとどうしてもトータルボリュームが犠牲になるから、必要なけりゃなるべくやらないという思想。ピーキングなんて時間掛からないよ、という考えかな。中・長距離、マラソンだとこちらが正解なのかも。

どっちもありだし、(学連みたいに?)比較的通年でレース参加する人は前者がいいのだと思います。しかしレースに出てればそもそもL5は要らない(レースがL5の代替えになるから)って気もする。

タグ : VM/L5 トレーニングメニュー

12:36  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1029-5ee0e601

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。