QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.03.04 (Thu)

SST(手抜き) 40min / PT-SRM温度依存性に差異あり か?

(1)今朝のワークアウト
00h59m 800kJ in シロモト

SST#1 40min@244W
(using 50T)

今日は寝起きはよかったが、漕いで見ると重い。流石に溜まってきている感じ。無理なく低めのペースで40minでカット。個人に応じた適切な手抜き度合いのディシジョンははセルフ・コーチング・アスリートのキー・ファクターです。


(2)このパワー値は信用してよいのかどうか問題
結論から言うと、244Wはちょっと高いでしょう、という感じ。

PTではなんと224Wだった。PTのハブ電池は新品(しかもゴールドに輝くMaxell SR44だぜセニョール)。

オートゼロはローラーに圧が掛からない状態で空転させ、Cervoのトルク値も見て確かめている。どんなにスロープがずれても、こんなに差はでないです。

変だな、とおもってSSTの後に2~3分づつ、200W付近でデータを取ってみたが、平均パワーの比較でPT=SRM - 3~5[W]といったところ。スロープやゼロが若干ずれているとして、そんなもんじゃないかな?

ここでよく見ると、SRMの方は、ゼロオフセットがスタート時と終了時で10以上変化していた。実は、今日は気温変動の影響を考慮して、スタート時にゼロオフセットはあえて合せていない。数分で温度が安定して前日終了時のゼロオフセットに近くなるから。

今日は前日終了時気温が低い時のゼロ(453だったかな)をそのまま使って開始した。本日開始時の実際のゼロは442とか。

今日はおそらくこの影響で、スタート直後はSRMが異常に高い値を記録していたとしか思えない。…でもゼロを真値より高く設定していたら、パワーは低くでるんじゃないのか? 誤差が大きすぎるし。やっぱりスロープ自体が温度の影響を強く受けているのではないか?

ここ数日は気温変動が大きかった。SRMかPTかその両方か、気温変動への追従の遅さで値に誤差が出ている感じ。いい計測のためには温度が安定(…するまで待つ)してないと厳しいかも。俺、窓開けてアップ3分くらいでLT開始ですからね…

タグ : ローラーLTワーク PT SRM

13:01  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)  |  記事編集

Comment

遅ればせながら4周年おめでとうございます。
貴"TARMACBLOG"で感化され(時に教科書として)パワーベースドトレを始めたものとして、謹んで謝辞を差し上げたいと思います。
どうかこのままTraining/wPM界の戸田奈津子氏を目指してください。


ところでSRMの温度変化について。
当家のPC-VIはオートZEROがあるので、オフセット値がけっこう頻繁に書き換わっているのを見たことがあります。この季節、走り出し10分くらいは結構変化して、30分以降はあまり変化しないかんじです。

SRMvsPTですが、20分値でスロープをあわせてはいるですがワークアウト全体ではSRMが高めになる傾向があり、1分未満のMPは総じてPTが高くなります。1secMAX値に至っては100W近くもPTが高い。そういうもんなんでしょうかね?

安価白 |  2010.03.04(木) 14:28 | URL |  【編集】

便乗でアレですが、おめでとうございます。
日本で比較的容易に入手できる陸上競技トレーニングの情報をどのように「自転車の文脈」に翻訳するか悩んでいた際にTARMACBLOGが大変参考になりました。さらにPMの運用をはじめとした多彩で偏った情報とポインタのおかげで、勉強の足がかりにさせて頂き非常に助かりましたし、今現在も助かっております。

どうかこのまま戸田奈津子氏を目指してください。(´・ω・`)アリャ?
oyama |  2010.03.04(木) 15:01 | URL |  【編集】

>>安価白さん

戸田奈津子さんは毎年トム・クルーズからお歳暮をもらっているのに憧れます。
しかしSRM/PC6のオートゼロは何がトリガーなんですか?Quarqみたいにクランク逆回転の時だけじゃなくて?どうやってトルク0の状態を判別しているんでしょう???

オートゼロ同士でもSRMが高めになるのは、まずアウター/インナーの使用比率が20分間とワークアウト全体とで異なった場合が想起されます。他にあり得るのは、そもそものゲージの線形性の違いでしょうか?

1secでSRMが高いのはサンプリング方式の違いではないでしょうか?SRMはクランク1回転(0.5~1.0秒)中にケイデンスが変化しないことを仮定しているため、1回転中にたまたま角速度が速い部分で高トルクが出せていると、パワーが水増しされるってことじゃないでしょうか。
tarmac2006 |  2010.03.04(木) 20:13 | URL |  【編集】

>>oyamaさん

ピンポイントでスペシフィックな所感をありがとうございます。自分で見返しても初期が最もトレーニング寄りで、年次とともに序々にグルメブログに移行しているのが良く判ります。今後は100%グルメブログを目指します。5年後には農林水産系ブログです。

ある程度既存手法を把握しちゃうと、トレーニングの情報に本当の新規要素なんて殆ど出てこないように思えるですね。あとは、こなれていない既存手法が普及期に入ったケース(e.g., ちょっと前のPM。今後は低酸素テントや風洞でしょうか?)を見極めるしかないって思います。
tarmac2006 |  2010.03.04(木) 20:14 | URL |  【編集】

>目指せ戸田奈津子

大物になっていただくのは大歓迎なのですが、
原意を無視したマイウェイな翻訳で顰蹙を買う・・・
というのだけは見習わないでいただければ(笑)。
sugaken |  2010.03.04(木) 20:45 | URL |  【編集】

>>sugakenさん

実は目指してないので安心してください。
tarmac2006 |  2010.03.04(木) 20:46 | URL |  【編集】

SRMvsPTに関しては誤解があるようで訂正しておきますが、5sec以下のパワーが大きくでるのはPTのほうです。
僕の場合、SRMで830Wほど(しょぼい)なのにPTならかるく950Wを越えます。ZEROオフセットはもちろん、いろんな環境で何度やっても同じ傾向なので間違いないかと。
概ね、1分値で拮抗しますが、SRMの場合はアウターで大きめに出るのは御指摘のとおり。ただしインナーでMAXパワーを出すようなシュチュエーションがないのでわかりません。

PC-VIのオートZEROオフセットに関しては、クランクの逆転でもクランクの停止でもそのときのオフセット値がストアされる瞬間を見ることができます。
しかし「最初は必ずクランク逆転してね」という追加補足マニュアルが出ていましたので、実はあんまりアテにならない機能なのかも?


>原意を無視したマイウェイな翻訳で顰蹙を買う・・・
重ね重ねピントのずれたコメントで恐縮です。。。すいません。
「翻訳といえば○○氏」といった抽象的かつ象徴的な意味で書いただけなんで、戸田氏に対しての深い意味はありませんので。
失礼しました。

安価白 |  2010.03.04(木) 22:14 | URL |  【編集】

今更かなり古い記事にコメントさせていだいて恐縮です。
最近PowerTapに追加する形でSRM wireless中古(FSA-Team issue 50×34)をebayで落札いたしました。
SRMとPTを併用してみると,20分ほどのLT下レベルのwork outで1割ほど測定値が異なります。SRMの方が高くでる結果となっています。全ての出力域で大体この傾向は変わらないのでスロープが原因だろうとEdge500を用いて校正を試みていますが,校正したスロープ値はファクトリーキャリブレーションとさほど違いはありません。せいぜい2-3%ほどの違いです。
こうした場合,暫定的にPTに併せてしまうのがよいのでしょうか?それともSRMに送ってしまうのがよいのでしょうか・・・。
ゼロオフセットが毎回570あたりになっているのも少し気になります。
お忙しいとは思いますが,ご意見頂戴できれば幸いです。
hashisho |  2010.12.27(月) 13:41 | URL |  【編集】

>>hashisho様

まぁ、その、つまり、一言で言うと、ebayで買ったんだから自分のケツは自分で(以下略

slopeもチェックして尚、旨くないとおもうなら、さっさとSRMに送って心配の種を除くのが良いかと。個人的には、slope校正のやり方になんか問題があるんだろうなぁ、と推測しますが、どうせやり直しても、不安感で堂々巡りになるだけでしょ。

年末でクローズしてますが、症状をSRMのwebのcontactフォームから送信してみてください。sellerからSRMのシリアルは引継ぎましたか?SRMはシリアルで個体情報をトラックしていますから、問い合わせれば以前のゼロやスロープの情報、修理履歴が判るかもしれません。

いざ修理となると、SRMのワランティ権利自体は所有者移転可能なので、期限が残っていれば使えるかもしれませぬ。が、シリアルを求められるかもしれませんね。
tarmac |  2010.12.27(月) 17:54 | URL |  【編集】

>>Tarmac様
全くもっておっしゃる通りで,自分のケツは自分で拭くべきですね。
さしあたりスロープ校正方法を見直してみることにします。

シリアル云々というくだりはお恥ずかしながら全く知らなかったので,それだけでも非常に参考になりました。
ありがとうございました。
hashisho |  2010.12.27(月) 19:43 | URL |  【編集】

>>hashisho様

うーんとですね、先のリプライの趣旨としては:

>>さしあたりスロープ校正方法を見直し

…とかやって、一時的に何かうまくいっているような状況に持って行けたとしても、そのあと結局「これでいいのかなぁ??」という状況が続く。いざというとき、データが信用できない、と言いたかったのです。

だから、腹をくくってさっさとSRMに送っては?というのが、私の超真剣なアドバイスです。
tarmac |  2010.12.27(月) 20:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1020-6e31459d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。