QLOOKアクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.02.25 (Thu)

シロモトのユラユラを擬似再現する件

某御フランス発で「固定ローラーでは「揺れ」が生じないため筋に余計な緊張が生じている...」 というシロモトのユラユラ効果のメリットをサポートするデータが。
 http://bit.ly/92c7EF

つきましては、国内有志による擬似シロモト再現の試みをご紹介いたしたい。

(1)おやじライダーさん
http://gogooyaji.seesaa.net/article/142022584.html
http://gogooyaji.seesaa.net/article/139231718.html
ベース:ミノウラVFS
クッション材:WAKI PEスポンジシート+EPDMスポンジゴム
http://www.monotaro.com/c/055/290/

(2)oyamaさん
http://oyama.vox.com/library/post/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%8F%B0%E3%81%AE%E8%82%89%E7%90%83.html
ベース:Kurt Kinetic
クッション材:東急ハンズ新宿店で円柱状にカット売りしてた天然ゴムスポンジx3枚

(3)sutoさん
http://pub.ks-and-ks.ne.jp/cycling/more-muscle.shtml?tag=20100121-*#20100121

ベース:CycleOps JetFluid Pro
クッション材:2cmくらいの厚みのウレタンマット


本家の最新版(スーパーバイク・トレーニングマシン)は今こんな感じ。スポンジ+スプリングという先進のスペックになってます。ポジション調整とか可変長クランク(そんなの安いパーツ買ってくりゃ済むじゃん…)とか省いて、代りに有線PTでも搭載してくれりゃいいのに… マーケティングをミスっていると思われます。
http://www.shiromoto.info/jp/item2.html

Kurt KineticのRock'n Rollとか、Elite社の2010年モデル(Real Power CT)とかにはスプリング機構が付いてるみたいだけど、ゴムスポンジと比べるとどうなのか?

あと、場所が許せば、ローラー台の下に板と古タイヤを置くって手もあるそうです。

タグ : シロモト

12:55  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  記事編集

Comment

以前、ローラーマット大の板を2枚使って、四隅と真ん中に
厚めのソルボ挟んで試したことが。
なんかピッチ方向の揺れが不自然でイヤな感じだった。
要はZとロール方向の反力を逃がしてやればいいと考えたんだが・・・

で、ここはやっぱり素直に、Tarmac先生ご推奨のシロモトかな!
ってことで、今持ってる固定と3本売っぱらってシロモト買おうか
禿しく悩んでいる最中・・・
Newシロモトって負荷ユニットがアレなんだっけ?
ジル |  2010.02.26(金) 00:05 | URL |  【編集】

>>ジル

「Newシロモトって負荷ユニットがアレ」ですよ。旧型は時々ヤフオクに出てるから、それ狙うと安く買えるかもしれない。

まぁVFSとかV270でもいいんじゃない?
あと、そんなに揺れるのはクッション材が間違ってるね。ゴムスポンジだよ、ゴムスポンジ。ソルボは「外圧を受けると素早く変形し、ゆっくりと元の形に復元する」んだろ?たぶんそれダメなんだ。



tarmac |  2010.02.26(金) 05:49 | URL |  【編集】

tarmac先生こんにちは。ジルさん久しぶりです。
もうずいぶん古い記事ですが、Newシロモトさんのインプレ、負荷テストをした拙作があるので参照ください。
http://kzmukai.blog118.fc2.com/blog-entry-259.html

負荷ユニットはジャイアントの固定ローラー「CYCLOTRON MAG 2」
http://www.giant.co.jp/giant10/acc_datail.php?p_id=A0437233&c2_code=37&status=
とまったく同じだと思います。確かに静かですが、走行感はTacx悟やミノV270に遠く及びません。
ご参考まで。

ところで本題ユラユラ対策。
2年前まで常にエキパクラス常連だった某◯選手の話ではやっぱり古タイヤを超えるものはないんだそうです。ゴムチューブ+空気ほど優れたダンピング素材はないと。
車輪モノにタイヤが備わって120年余り?いまだに空気入りタイヤを超えるものが存在しない理由はこのへんにあるのかもしれませんね。

余談ながら、僕はユラユラしない固定ローラーでLT以上なんて全然できないので、もっぱら三本ローラーの負荷ユニット付きです。負荷ユニット自体はフライホイールもなくただのマグネットですが三本ローラー自体慣性が高いので、実走感がよくて気に入ってます。
なにより最高にユラユラできますし!




安価白 |  2010.02.26(金) 11:37 | URL |  【編集】

Re: タイトルなし

>>安価白さん
やっぱりアレはアレなんですね…シロモトさんにはV270ベースのカスタムで作って欲しいです。

タイヤはどうなんでしょうね?設置場所や片付けってのがまず大きい(笑)んですけど、ユラユラを再現するにはたぶん「ダンピング素材」(=エネルギーを熱に変えて放出)よりも、スプリングに近い、ヒステリシスロスの少ない素材がベターじゃないでしょうか?

ゴムスポンジは頼りない見た目に反して、揺れたままではなく、ちゃんと「戻る」感じなんですよ。タイヤだとどうなんでしょうね?
tarmac2006 |  2010.02.26(金) 12:59 | URL |  【編集】

もともとは階下への振動対策としてやっていたのですがあのユラユラは効果があるのですね。

自分は(1)のおやじライダーさんと同じような感じで
クッションラバー2層でエリートのトレーニングマットマットをひいてやっています。
毎回セットし直さないと食い込んだままになってしまうのでそこだけ気を付けています。
orange |  2010.02.26(金) 16:34 | URL |  【編集】

>>orangeさん

効果があるかどうかはわかりません。私を含め何人かの人がそう信じているだけです。

食い込んだままになってしまうのは、クッションラバーの素材が不向きなんですかね。脚が食い込むようなの形状になっている場合はoyamaさんよろしく固い板を一枚挟む必要があります。クッションの素材自体はやっぱりおやじライダーさんのEPDMスポンジゴムが良さげです。

ここにスポンジゴムの硬度と圧縮荷重の一覧がありました。参考になりそうです。
http://gomu.jp/item/10725
シロモトのは緑色だから、硬度30のNR系N-155(1m^2で4725もする)かな~
tarmac2006 |  2010.02.26(金) 17:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tarmac2006.blog103.fc2.com/tb.php/1009-93d17da1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。