QLOOKアクセス解析
2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2008.10.31 (Fri)

旧型シロモト いよいよ最後か

注文していた旧型シロモトのスポンジ脚(交換部品)が到着。即日対応。早い。シロモトさんによると、この7本の脚で旧型用は最後だとのこと。次は丸ごと買い替えか・・・

SN360209.jpg

金額は1ヶ¥790円X7=¥5530円+送料¥820円、合計¥6350円です。

新しい脚はスポンジが黒(新型シロモトと同じ?)になっていた。厚さは50mmくらい。ちなみに古いやつは緑色で、萎みまくってすでに30~35mmくらいになっていました。

交換。あーやっぱりフィーリングが全然違う・・・新品は布団の上のようだ。脚も床で滑らないし。ということで新型・旧型問わず、頻繁に使うなら1年くらいでスポンジ脚は全交換するのがイイと思います。
スポンサーサイト
12:57  |  未分類  |  記事編集

2008.10.27 (Mon)

出張北京 ついにあたる

あたりました! 食あたりに・・・

金曜昼までは普通に食べられていたのですが、午後から急速に、パオロ・サボルデッリ並みの下りをみせつけました。やられた。木曜のレストランがやばかったか。まさか7-11じゃないだろうし、同泊の同僚も平気っぽい。

部屋に戻り、金曜夜まで完全ダウン。このときはまだ熱、頭痛、ふらつきが主症状。何も飲めない、食べられない。しかし深夜にはちょっと歩けるくらいにはなった。・・一時的に。

予約済みの土曜朝の便で何とか帰国したいが、まだ具合悪いし機内で悪化するとイヤだ。早朝3時くらいに、フロントに泣きついてみる。フロントの若いホテルマンに「頭痛い~ アスピリン持ってないですか~?」とすがる。ここでバファリンではなく思いつきで国際的イメージのアスピリンと言ってしまったのが功を奏したか。ホテルマン曰く「生憎持ち合わせがないですが、買えるところまでご案内します」。

誘導されるがままに薬局らしき所へ。え、消灯してるし絶対無理じゃん?しかしホテルマン、小窓からブザーを叩く。ピンポンピンポン。ピンポンピンポン。・・・あきらめかけた頃、白衣の男性が奥から登場。え、そういうもんなの?

無事アスピリンをゲット。やった、ありがとう親切なホテルマン!旅の終わりに暖かい中国のおもてなしを感じることができました。

早速アスピリンを水に溶かして飲む(実ははじめて。やってみたかったんだなこれが)。どっかの映画で見たようにシュワシュワととける。普通にレモン味?の軽い炭酸水みたいでうまかった。おかげでなんとか日本まで帰ってこれた。機内食のエビカレーも食えました。

=============================
・・・しかし、話は終わらず。帰国後、夜に再び、更に悪化。発熱とサボルデッリ5人前くらいの下り。力なくいよいよ動けない。そしてまた飲めず食えず。スポドリくらい飲みたいが飲むとすぐ腹に来るという・・・結局深夜、日付が回ってから症状の軽くなる周期を見計らって必死で深夜外来へ。点滴と抗生物質をドーピング。深夜3時、ようやくまとも(しかし金曜夜より悪い程度)になる。死ぬかと思った。体重は51kgを切った。相当水分を失ったらしい。

その後少しづつ良くはなるが固形物がなかなか食べられない。食うとヘトヘト。今、ようやくなんとか普通程度に食べられます。病院処方専用の抗生物質(クラビット)か、ペアでもらったビオフェルミンR(市販のビオフェルミンの耐抗生物質バージョン)が効いたかな。

こうして日曜は0km。あー上毛三山とか行きたかったな・・・
21:51  |  未分類  |  記事編集

2008.10.24 (Fri)

出張B級グルメin北京 地元系 粥店編

グルメと関係ないですが当地からはexciteなど幾つかのドメインに全くアクセスできません。日本側でブロックしている? いろいろ事情があるようです。

これもB級ではないですが、上海蟹その他含め食べ放題\2500くらいというのもありまして、当地としては相当高価でしょうがまぁいい感じでした。しかし逆にありがたみがなくてなんだか。記憶に残らずまぁそんなもんかという感想。やはり雰囲気も含めていい店で食わないとだめかな。

さて本日のB級です。本日はホテル近くの「粥なんちゃら」と書いてあって地元系の人達で賑わっているところに入ってみました。それほど綺麗ではなく、なんとなく地元気分でいい感じです。

指差し会話帳を駆使してオススメ料理をオーダー。というか、日本人ときがつくや、英語写真入りメニューが出てきました。どうやら中国人英語と日本人カタコト英語は相互互換性に問題があるらしく、なかなか通じません。欧米人はなんとかなっているっぽいのでマダマダ修行が必要。

自分がオーダーした果物?が入った粥、これが甘口で結構美味しかったですね。鍋は角煮と野菜入りの白湯スープ?を頼んでみましたがこれも旨い。で、調子にのって付けてしまった魚の干物みたいなヤツ・・・塩っぱー・・・食えん。失敗。なかなか難しい。

地元系の皆さんは粥+蒸し物、あるいはそれに小さい鍋付きってパターンが目立ちます。やはり地元の人と同じ物をオーダーするのが早道かな。コイツは周りを見てもオーダーされてない。地元の人がよく食ってる、黒っぽい汁麺みたいなヤツをオーダーしてみたい。

まぁどれも100~200円、馬鹿高いやつで500円くらいだから許す。しかし超アタリ、という物はなかった。

で、口直しではないですが7-11によって中華まん第2段。今日の店員さんは英語が通じない。しかしここでも指差し会話帳アタックで何とか突破。今日は薄切りチャーシューの入った平たい肉まんです。お、これはまぁまぁ旨い。皮はふっくら+もちもち、具も肉感がり、塩辛すぎない、いい味付け。日本の肉まんはたいがいちょっとジューシーすぎたり塩っぱかったりしますがこれはなかなか好みですね。これ日本にもあったかな? 前回の皮の薄い変な具のアレはなんだったんだ・・・ 

いやしかし、夜なんでどうやら主力商品は売り切れた後っぽい。もっと早い時間に行けば売れ線のヤツが食えるハズだが、もうチャンスがないな。まぁいいか。

夜はホテルのエクササイズコーナーでエアロバイク1.5h。明日の夜はアタリがでるか?
09:14  |  未分類  |  記事編集

2008.10.23 (Thu)

出張B級グルメin北京 おそるべし7-11編

こちら北京です。当地は基本的に何でも旨いですね。さすが、食は中国にあり。今のところ食中毒も無いです。この辺は再開発の進んだビジネス・大学エリア(中関村というところ)だから? でも大八車やバイクの屋台はそこかしこにいて学生が旨そうになんか食ってますね。学生のマネしてオーダーできないかと様子を伺ってみましたが、やはり手順がさっぱりわかりません。ちなみに当地でMTBやロードは全く見かけません。

そしてB級グルメ。ググったら中国語で「B級グルメ」のニュアンスは「美食小吃」と言うみたいですよ。といっても、殆どホテルで食事しちゃってるのであまりB級してないのですが・・・別に書くかもしれませんが、ホテルのレストランごときで何でも旨いってのも凄いのかな。英語も通じるし、現地では高級なのかもしれません。

初日、現地についてホテル周辺を少し探索。うわ、目の前にKFCと7-11があるじゃん・・・ 売っているものは日本とちょっと違いますね。早速、7-11でB級してみました。おなじみの装置でおでんも売っていて、学生がよく買ってます。お茶は噂通り加糖のものが殆どです。しかしサントリーのウーロン茶やボスコーヒーがなぜか買えるので安心?です。

中華まんもあのケースで売っています。が、さすが中華まんの本家・・・訳のわからない具のオリジナル品が・・・一個買ってみました。言葉がわかりませんが指差し→I want this one. で何とか。

あとはおにぎり、サンドイッチ、カレー、丼物とかが売ってますね。パンは日本の7-11で売っているものとそっくり(笑)ですが実際はどうなんだろう。おにぎりは日本のよりちょっと小さいですね。具や飯の種類も日本のとは違い中華風っぽい。おにぎりマニアとして無作為に一個チョイス。

あとはパックご飯も売っています。こちらで特徴的なのはスーパーのお惣菜コーナーのように、計り売りの中華お惣菜コーナーがあること。計り売りといっても計りはなくて、値段で決まったサイズのパックに適当に詰めてくれるようです。

ホテルに帰って試食。中華まん。こちらの中華まんは皮が薄めにしてあるようです。日本のようにふっくらとはさせてない感じ。具はなんかコンブ?みたいものがモシャモシャ入っていました。写真では野菜系だと思っていたのだが・・・うーむ 味は不味くないですね。でもホテルで食べた点心の饅頭にくらべるとまぁコンビニ品です。

おにぎり。日本のとはちがって海苔とご飯が一体化されたものしかありません。そしてなぜか海苔の外まで脂が・・・ご飯はふっくらというより、しっかり硬く握られていて(日本の昔のコンビニおにぎりとも違う)・・・なんというかチマキ風? 味はこれも不味くないですね。でも日本のオニギリとは別のものです。中国オニギリ。

そろそろ脂がきつくなってきた3日目の朝です。
08:29  |  未分類  |  記事編集

2008.10.20 (Mon)

2008年度第1回 龍勢試走 今日も遭遇

Sunday 19, October 晴。昨日がんばってつかれたが、ボリューム確保と称してB級グルメするつもりで秩父へ。本日は正味走行7h/3740kJ/185km。結局昨日より乗っている。コースは小川町経由、東秩父(まんじゅう小休)~寄居~折原~野上~出牛~龍勢会館(遭遇、だんご小休)~龍勢試走~大野原(揚げパン休)~定峰峠入り口(解散)~横瀬~芦ヶ久保(おにぎり小休)~正丸経由、で帰る。
-------------------------
折原~野上の区間では1kawaさんのお仲間と思しき赤いバナナなんとかジャージの軍団と交わる。たまたま方向が一緒だったので流れで少し一緒に走ったが速いこと速いこと。よくあんなスピードで走れるもんだ。

その後、B級グルメポイントの店をチェックするもまだ開いていない。まぁ10時前だから当たり前。龍勢の試走でもしてくればちょうどよい時間になる。

龍勢会館。おお、塩原以来のますらお先生ではないですか。なんという奇遇遭遇。そしてもうお一方、ウブゲさん。なまっちょろそうに聞こえますが一昨年の乗鞍年代別チャンピオンさんです。ちょうどこれから試走だそうです。おやおや。

自分はちょっと休憩入れたいので(という口実で)先に行って頂きました。今日は米粉だんご3個入をチョイス。2個食べて1個しまう。おにぎりがなかったのが残念。

コースで目に付いたのは、(1)昨年残っていたHCセクション途中左コーナーの土砂が除去されている。(2)太田部峠以後のセクションに砂利が2箇所残っている。レースまで砂利が残るとすると、タイヤのチョイスを考える必要がありそう。

山頂。ますらおさん達は先に下った模様。だんごを摂取し下る。すぐに2人を発見。お二人は定峰峠に行きたいとのことで、入り口までガイドすることに。

大野原。ついでですから揚げパンでもどうですか、ということで無理やり荒巻商店に誘いこむ。事前にホットラインを入れ、営業とブツの在庫は確認済み。無事、3人1本づつ揚げパンを摂取することができた。やつれたサイクリストを見かねたか、マダムがビスケットとこんにゃくも恵んでくれた。ちなみに今日のマダム情報として、ドロンジョーヌ恩田さんは秩父出身で、荒巻商店の娘さんの同級生とのこと。ならば恩田さんも荒巻商店を知っている可能性が高い。

時間もアレなので休息もそこそこに出発。間違えの無いよう、最後の信号までお送りして分かれる。自分は芦ヶ久保(道の駅)のおにぎりを食ってから帰る。今日はおにぎりが食いたかった。葉唐辛子味噌とサケ焼きおにぎりが旨い。さらに今日は、季節商品の芋まんじゅうが今季初登場、一個購入して正丸で食べる。これがまた、餅とまんじゅう皮の中間のような独特のつくりのカワ、甘すぎない芋入りで旨かった。

ということで結局グルメツアーでした。

00:25  |  未分類  |  記事編集

2008.10.18 (Sat)

ジロ・デ・武尊の試走 遭遇、そしておにぎり再訪

Saturday 18, October 晴。ジロ・デ・武尊(HOTAKA)にエントリしたので試走に行く。本日は正味走行6.2h/3340kJ/150km。距離に対して消費エネルギーが大きい。レースコース相当部分は後述の事情によりあまり正確でないが実走行4.5h/2800kJくらい? 体調を整え、休憩を最小限にして、紅葉渋滞にかからなかったとしても4.3h~4.5hくらいが精々のような・・・ 昨年トップのアダムさんは4hですかそうですか・・・
---------------------
後でまた追記、されるかもしれない。

スタート地点?
おそらくスタート地点

紅葉1
紅葉2
照葉峡 紅葉渋滞がひどくまともに下れない
この辺で紅葉マニア師匠と遭遇 本当に遭遇ですよ

おにぎり1
水上ヤマザキショップ特製 地元米おにぎり 旨い

このあとサラダパークのあたりでミスコース
標高300~400m程余計に稼ぐ

おにぎり2
道の駅川場の新米おにぎり 特に旨い
23:28  |  未分類  |  記事編集

2008.10.17 (Fri)

SRM オフセットズレズレ問題

Thursday, 16 October 月曜日、出発前にSRMのチェーンリングを一回外して掃除、再装着して再校正。(本当はチェーンリングをStronglightに交換する予定だったんですがマヌケな理由によりまた元のリングに・・・)

このFSA-SRM、以前書いた通りスロープがチェーンリングの硬さによって変化します。それだけではなく、どうやらゼロオフセットがかなり変化していることに気がつきました。

2008/01/04 Slope 17.35, Zero-Offset Left 459/Right 460, ギアFSA/50-12T
2008/08/08 Slope 17.94, Zero-Offset Left 484/Right 484, ギアFSA/50-12T
2008/08/11 Slope 18.27, Zero-Offset Left 496/Right 497, ギアSTL/50-11T
2008/08/15 Slope 18.25, Zero-Offset Left 478/Right 479, ギアSTL/50-11T
2008/08/15 Slope 17.75, Zero-Offset Left 477/Right 477, ギアSTL/34-11T
2008/08/15 Slope 18.01, Zero-Offset Left 446/Right 447, ギアFSA/50-11T
2008/10/13 Slope 18.41, Zero-Offset Left 460/Right 460, ギアFSA/50-11T

ゼロオフセットが気温で変わるのは既知ですが、どうやら経時的な変化もあるようです。同じギアでもだんだんゼロオフセットが大きくなる傾向にあります。そして一旦外して取り付けなおすとまた小さくなる。

また、これまでの校正データでは、(a)ゼロオフセットが大きくなってきているときは、(b)荷重時のパルス数もセットで大きくなっている。(b)の増加は(a)よりやや多いようです。つまり、スロープもだんだん大きくなっている訳ですね。
どうやらチェーンリングボルトの緩みや、「すわり」の変化が影響していると思われます。例えば:

- 10/13の再取り付け・校正直前にはゼロオフセットが500とか出ることもありましたが、インナーリングの固定ボルトだけ締め直したら490付近に落ちました。10/13に取り付け直したらまた6%程下がって460。この時点で08/15比でゼロオフセットが+14、パルス数が+22くらい。その後2日走ってなじみ、本日時点では470くらい。

- 08/08のときはチェーンリングボルト増し締め等していません。このとき01/04比でゼロオフセットが約+25(約4%)、パルス数が約+50、上にずれていました。

したがって、自分のように、ゼロオフセットが派手に上にずれてきている状態で、スロープ設定値を変化させず(適性値より小さいスロープを使っていることになります)、律儀にゼロオフセットだけ毎回セットしなおしていますと・・・だんだんパワーが増大しているかのように見えるでしょう。

例えば01/04と08/08では3.4%ほど(実際の)スロープが大きくなっていますから、08/08の再校正直前に01/04と同じパワーを入力しても、3.4%大きいパワーが測定される訳です。250Wが258Wに見えちゃう訳です。困りますね。

ゼロオフセットの変化をチェックして、またレース前等定期的に、チェーンリングボルト増し締めくらいはやった方がよさそう。SRMも無敵じゃないなー
00:17  |  未分類  |  記事編集

2008.10.14 (Tue)

「旨い」を考える日

Monday 13, October 晴。173km/3250kJ/6.2hの走行。飯能~山伏峠~芦ヶ久保道の駅(おにぎり休)~皆野(食)~龍勢~皆野~まさぶみ(いなり休)~折原~東秩父(おやき休)~小川町経由で帰る。今日はさらにモーションのフィーリング改善を感じる。右ブラケットを少し上に起こしたのも効果があったかな。240km乗った翌日にしてはそこそこハードに乗れた。

塩原の頃は強めにしばらく漕いだ直後にバテる感じがあった。今は6月のように「踏んでそのあとまだまだいける」感じがある。この状態で20MPワークを増やすといい具合そう。これは主に9月からワークアウト・ボリュームを再び増やしてきた効果と考えられる。結局、自分にはこのぐらいのボリュームが必要なんだろう。ボリュームを増やした時期と、効果の現れる時期とには数週間単位でディレイがあることにも要注意。まぁ全部当たり前といえば当たり前のことを追証しているだけだな。

前日にカレーを食うと調子がよい。というのが自分のよく分からない法則なのですが、土曜夜も友人と旨いカレー(川越市駅のパオ、高いですがオススメ)食ってナンが旨かった、じゃなくて調子よかった。普段不足気味な塩気and/or脂質の摂取が効果があると思われます。日曜夜はカレーではなく塩気大目のお惣菜を多くしてみましたが、同様な好調効果があるような。塩が旨く感じるときは、塩も摂った方がいいですね。脂はよくわかりません。
---------------
さて、10/13(月祝)はボリューム稼ぎのロングライドを兼ねつつ皆野の「よし乃」でジル選手と会食。11時頃に入りましたがまだ我々が一組目。店の情報はweb検索すればいろいろ出てきますから割愛。ジル選手、体調不良&出張の嵐でメタボってないか心配でしたが体重は維持とのこと。TimeにSRAM REDって意外に合うな~こりゃ まぁ以後はコンスタントに乗れるようにしましょう!

SN360179.jpg


先日のダムツアー、塩原、これまで行った店の数々(それほど行ってないですが)。よし乃はその中でも味的にはA級ですね。量は大盛りでも少ないので、そういうもんだと思ってください。すでに新そばだそうで、自分の頂いた田舎そば大盛り、これも香りと歯ざわりがいいです。いいんですが・・・なんだろう、胡桃亭と同じくあまり印象に残らない。竹家もどっちかと言えばそうか。ジル選手が居たので会話はよく覚えているのですが、あれ蕎麦はどうだったっけ?という。自分は蕎麦の違いを語るにはまだ若いと思われる。

皆野でリターンするジル選手と別れる。走りながら考えた。やはり「旨い」は料理本体5割、雰囲気や気分5割なのか、と。“雰囲気や気分”というのは店の人の対応という面もあるし、自分がどういう意識で店にいったかもある。webで旨いと書いてあるところなどに行っただけの場合と、あやしいところ?を自分で開拓した場合、後者の方が旨い、気分的に。

冬の寒い中、最初ふくろやに行ったときは新鮮な驚きがありましたが、昨日はそうでもなかった。あれも本当に物が違ったのだろうか? ほりもとやのうどんや伊勢の前食堂のそば、アレはあそこにたどり着かないと食べられないし、あのオヤジやおばあちゃんが居るからいい。荒巻や東秩父の評判なんてどこにも書いてなかった。

帰りに東秩父直売所に寄る。おばちゃんに聞いたらかろうじてシャクシ菜おやきが残ってました。塩気が丁度よいです。おばちゃん曰く「来ると思って特別に残しておいたのよ!」・・・いやーそんな珍しいこと言われると信じちゃいますよ。今日は結局、このいつも食っているおやきが一番印象に残った。
22:30  |  未分類  |  記事編集

2008.10.13 (Mon)

2008年度第1回ゴールド・ダムカードまつり(追記)

Sunday 12, October 晴。今日は割と調子が良かったと思う。やはりローラーの悪影響は何かがある。スクエアに座れる人は問題ないのだと思うが、自分のようにナナメに座る人はローラーの設置角の影響が大きいのだろう。今年のどこかでその設置角の具合がマズい具合になったとか、シロモトのユラユラスポンジがダメになったとか?うーむ。今日は243km/4450kJ/実走行9.1h。
---------------------------
さて、10/12(日)はさいとー選手と「ゴールド・ダムカード」(http://www.ktr.mlit.go.jp/futase/pdf/4damucardtirasi.pdf)を目指すツアーを実施ならびに達成。(ちなみにネタはこちらで仕入れました 2ホップくらいのお知り合いのような・・・)

コースは自宅~寄居~野上(ふくろや・集合)~浦山ダム~龍勢~合角ダム~ほりもとや(休)~三峰口~滝沢ダム~二瀬ダム(ゴールド・ダムカード取得)~横瀬~正丸峠~自宅。
---------------------------
0830 ふくろや(野上)集合。まだお客は2~3人。とりあえず朝食代わりにすまんじゅうでも、ということでセッティングしたが、むむ、今日は蒸かしがちょっと浅くないか?もうちょっとホカホカで、袋を開けた途端に麹の香りが立ち上る・・・はずだがちょっと違うなぁ。寒いと麹が発酵しないってやつだろうか。これでは藤掛屋の栗まんじゅうに負けているぞ。

とりあえずカロリー摂取完了して浦山ダムまで。そこそこのペースで。頑張ったが資料館前でさいとーさんに負ける。

SN360158.jpg
1箇所目 浦山ダム

ブリーフなレストを挟み合角(かっかく)ダムへ。ついでにちょっと寄り道して龍勢ロケットを一発だけ見る。
SN360164.jpg
ついでに龍勢のロケット

そして合角ダム。そこそこのペースで。頑張ったがやはり資料館前でさいとーさんに負ける。

SN360165.jpg
2箇所目 合角ダム

ここで11:00くらい。土曜日に行ったばかりのほりもとやで早めのランチ。まぁ三峰口まで出ちゃえばもっと「A級」なところは幾らでもあるでしょう。でもまともにやりあっては、やまもと屋さんに勝てませんので、あえてこういうチョイスで。

自分はまたキノコ汁うどん大盛です。自分は早くも、モチモチである意味適当(笑)なこのうどんのファンです。今日は昨日ついていたネギが付かず、かわりにユズがサービスでした。昨日は麺がペトペトでしたが、今日はちょうど打ちあがりで水水しく一本づつ離れる。一見後者の方がよさそうでしょうが、自分は前者のペトペト麺もなんか好きです。

ここのうどんはちょっと茶色がかっていて、ふすま入りらしい。小麦は熊谷産指定の農林61号を、小鹿野の精米所にうどん用の特殊な挽きをオーダーしているとのこと。さらに店のオヤジさん(麺打ち&キノコ採取担当?)のこだわりで、水田の2毛作の小麦はうどんには使えないそうです。なんか奥が深そうです。ふすま入りが必ず旨いのかは知りませんが、こだわりオヤジがそういうのだから間違いありません、おそらく。

そしてお客とのコミュニケーションを大事にする店のオヤジさんから講釈のサービス。昨日は競輪、今日はキノコ&小麦編でした。真意の程は不明ですが「ナスと一緒に食べるとキノコの毒にあたらない」とのこと。ええ?それはどうなんでしょう。 まー民間伝承ってなにか重要なファクトを反映している可能性があります。

オヤジパワーを得て滝沢ダムへ。ここは地図でみると大したことなさそうですが、三峰口からひたすら登りの上、ダム直前のループ橋がチャレンジャーを阻みます。三峰口から頑張ってみましたがやはり資料館前でさ(以下略) しかもループ橋で必死な背後から余裕で写真撮影されてました(笑)

SN360167.jpg
3箇所目 滝沢ダム

滝沢ダムから二瀬ダムまではすぐ。さすがに疲れてきてペースは控えめとなる。
SN360175.jpg
4箇所目 二瀬ダム

達成・・・ 二瀬ダム管理人が厳かに出迎えてくれる。アンケートへの記帳を行いゴールドカードを取得。我々は409人目と410人目の達成者でした。そんなにいるのかダムマニア。

SN360171.jpg
ゴールドカード

SN360177.jpg
喜ぶ達成者第409号の方

これは息子さんにもきっと自慢できるでしょう。奥さんには微妙ですが。まぁ基本的に買えるものじゃないですからね。ゴールド・ダムカード、プライスレス。

あとはヨロヨロと299/正丸経由で帰る。芦ヶ久保道の駅で補給した団子と塩豆大豆が旨かった。

22:49  |  未分類  |  記事編集

2008.10.11 (Sat)

穴場系グルメB級1班に挑戦

Saturday 11, October 小雨~曇~晴 ローラー悪影響説の検証のつもり、だったが走り始めるといきなり脚が非常に重くてTTどころではなかった。しかしモーションのフィーリングとしては良い。本説が要因の一部であることは間違いないと思う。本格検証は明日以降また。今日は180km/3350kJ/実走行6.7h。
---------------------------
今日は後日ツーリングの一部下見を兼ねて合角ダム方面へ。ちょうど14時頃だったのでついでにランチ。今日はまんじゅう、揚げパン、おやきとすでに定番クリア済みだったので何でもよかった。ということで、なんとなくうどん。一部の店を除いて新蕎麦はマダですから、今はうどんだ。

店はここです。合角ダム・土坂峠マニア?な方は「ああ、あそこか」って感じかもしれません。そう、そこです。
SN360155.jpg

ちなみにここは競輪選手や埼玉車連の方がよくこられるそうで、店のおとうさんも競輪マニア。自分も「お兄ちゃん競輪選手?何級?」とか聞かれました。ええ、まぁグルメB級1班くらいです。店の雰囲気は、まぁweb検索でもしてみたらちょっとヒットすると思います。そんな感じです。一言で言うと、ただの民家です。お茶もセルフですが、湯のみを自分で食器棚(そう、普通に家にありそうな食器棚です)から取っていくシステム?ですね。自分は好きです。

SN360154.jpg

大盛うどん+きのことなすの汁 750円。う、旨い。それしかいいようがない。うどんは作り置きでくっついちゃってますが、ここの場合は問題ありません(笑) 汁につければちゃんと分かれますから。

田舎うどん?という分類なんでしょうか、荒々しく不ぞろいに縮れ、太めでモチモチ。なんかお切り込みの麺みたいです。自分の好みです。塩辛くない、キノコとなすのうまみが出た汁も旨い。うどんにはツルツルが必須な方にはお勧めしません。大島うどんも田舎風といってますが、あっちは細めで綺麗にうたれてツルツルですが、モチモチ系より奥にコシがあるタイプ。

ここはまた来そうです。今日は時間が無いので短い感想です。
23:32  |  未分類  |  記事編集

2008.10.08 (Wed)

聞き書 群馬の食事

Wednesday 08, October 雨~曇 粛々とシロモト50min@210~220W。限界ではないペースで長めのLT系WO。MペースとかSSTともいう。今日は「ローラー悪影響説」検証のため、シロモトの脚部右側のみ、下に段ボール2枚を敷いてスラントをつける。自分は屋外では自転車を左に傾けて乗っているようなので、これで屋外のモーションをなるべく再現してみる。また今週他の日はすべて屋外のワークアウトとする。これで土曜にTTを行って塩原とパワーや感触の違いを確認する予定。
-----------------
「聞き書 群馬の食事」が届いた。とりあえずパラパラ・・・目に付いた箇所:

- 「持倉(現在の神流町大字平原付近?)の蕎麦は旨いといわれ定評がある」らしい。しかし検索しても付近に蕎麦屋の情報はなし、唯一蕎麦がありそうなのは釣り場の「ようらく」という所。

- 新治村では生米から炊く雑炊を食べるらしい。しかし生米から旨く炊くには時間がかかるし、「米のねばりがでるようなぞうすいを煮るには年季がいる」とのこと。味付けは醤油。粥ではないらしい(粥は粥で別に出てくる)。検索してみたら、なんだ、普通にやってる人が結構いるのか。水大目、ダシ薄めで炊くのがコツらしい。うーむこれはトライしてみたい。
17:45  |  未分類  |  記事編集

2008.10.06 (Mon)

B級グルメ栃木第2 Bブロック 秘境系に挑戦

軽い登り下りの日塩もみじライン(軽車両:50円)を抜け、龍王峡から湯西川方面へ。今のシーズンだと紅葉はマダマダで車は少ないですが下りは詰まる。道の駅併設の湯西川温泉駅から、さらに走ること40分くらい?もうこの辺はほとんど車も通らない。平家の落人集落に端を発するというだけあって、交通要所からかなり奥へそれる。

湯西川温泉。シーズンでないのか観光客もまばら。蕎麦屋を適当に探る。深山茶屋は移転しているそうなので、伊勢の前食堂か田中屋を・・・かなり目立たない看板を発見して伊勢の前食堂へ。え、ここですか??という佇まい。車だと発見困難かも。

SN360147.jpg


店内にはおじいちゃんとおばあちゃんだけ。他に客はなし。ふ、不安。しかし落ち着いてメニューを確認。うどん、蕎麦、ご飯もの、そして「ばんだいもち」というものがある。おばあちゃんに聞いてみる。すると蕎麦が自家製手打ちでオススメ、特にけんちんうどん(650円)が得意・・・とのことでそれに。ばんだい餅も一個入れてもらう。これはメニューに書いてないですが+100円/個です。もち入りの場合は普通盛りでOKでしょう。10分くらい待ったか、その間おじいちゃんが賄い?のうどんを旨い旨いといって食ってたのが微妙に気になる。

SN360146.jpg


旅路の果てにようやく、う、旨い。これはアタリです。蕎麦は黒い田舎蕎麦ですね。というかこの辺では田舎蕎麦=蕎麦なんでしょう。蕎麦を結構食っている人でも文句は出ないと思います。ざるでも食ってみたい。

ばんだい餅はもち米でなくてうるち米の餅です。きりたんぽにちょっと似てますが完全にすりつぶしてある点が違います。うるち米でこんなに餅状になるのがナゾですが、ちょっと伸びの弱いだけで「餅」です。しかし味・香りはうるち米。これも旨いです。(ちなみに道の駅湯西川温泉でも焼いて売ってましたが同じようなものかどうかは不明。) けんちん汁はいなか風ですが特にしょっぱいとかはなく、いい味でした。

ここはもし近場だったら通っちゃいますね。東秩父的というか、気に入りました。ここは胡桃亭よりずっと印象に残りました。なんででしょうか。蕎麦と餅がかなり旨いのは確かですが、それだけではなくまた来たい。やっぱり雰囲気なのか。いい思い出で締めくくれて良かった。
-----------------------
あとは湯西川駅~五十里湖まで戻って、R121三依、R400尾頭トンネル経由で道の駅塩原に戻る。直売所で高原大根130円、かぼちゃ80円、シイタケ100円を買って帰る。安い。
20:43  |  未分類  |  記事編集

2008.10.06 (Mon)

B級グルメ栃木第2Aブロック 純粋なB級

(2) 10/05(日) ココストア、今井屋製菓、伊勢の前食堂
清々しく撃沈した後、爽快にグルメツアーに出発。目的地は湯西川温泉で蕎麦。ちなみに恐れ多くもよっしー先生にセンサー返却を依頼、しかも(参加賞の大根と引き換えにですが)、今や貴重品のバナナを頂戴してしまいました。ありがとうございました。

しかしその前に、土曜日にbicirosaさんから聞いた塩原ココストア限定「スープ焼きそばパン」が気にかかり、ちょっと寄ってみました。残念ながら店頭には無し。ココストアのマスターに聞いてみたところ、横からマダムが「あーアレは土曜日しか入荷しないのよ」と。が、すぐ近くの今井屋というところで「スープ焼きそばまん」という物が食えるとのこと。場所はスープやきそばの店「こばや」の目の前。

SN360145.jpg


スープ焼きそばまん。一個315円。基本的に冷凍販売ですが10分ほど待てるなら蒸してくれます。店内でイートイン or テイクアウト可能です。中身はこばやからOEM供給された本物のスープ焼きそば。味は・・・スープ焼きそばの入った中華まんです(笑) 食うと途中からスープがダラダラこぼれてくるので、適当なタイミングで飲んでください。あと、蒸し待ちの間に「田舎まんじゅう」105円/個も1ヶ頂きました。これは東秩父に近い甘さ控えめのタンサンまんじゅうで旨いです。オススメ。

食いながら、店の奥で栗を剥きながら客にお茶を出してくれているおばあちゃんにいろいろ話を聞きました。60年前から温泉まんじゅうを作って売ってるそうで、そっちの方がオリジナル。実は田舎まんじゅうの方はここ2-3年前にはじめたばかりだとか。やはりこういう話を聞くのは面白いですねー

(次の記事で最後)
20:40  |  未分類  |  記事編集

2008.10.06 (Mon)

B級グルメ栃木第1ブロック あえてA級蕎麦屋に挑戦

(1) 10/04(土) 夕食:胡桃亭
結局、レストランFBIは爆弾と見て、安全牌と思われる胡桃亭へ。夜19時くらい、土日の夕食時ですが他に客はおらず。むむむ 店の情報は、検索すればたくさんヒットすると思いますのでそちらで。

お店のマダムへのインタビューの結果、鴨汁せいろ蕎麦2枚+そばがきをオーダー。店主は奥でひたすら調理にあたっているようです。

SN360141.jpg


蕎麦は蕎麦の粒が残っているくらいの超粗びき蕎麦で、他に無いですね。噛むと甘みがでる。蕎麦は量が少ないので2枚が丁度いいと思います。それでも少ないかも。

SN360140.jpg


鴨汁も○です。でも大島うどんと変わんないかも・・・ そばがきは久しぶりに食いました。ワサビ醤油や塩で食います。でも、まぁ無くてもよかったかも。

総合的には、確かにまぁまぁ旨かったし、蕎麦が特徴的でした。しかし高い。上記で3000円。自分はまぁ観光だし特別ですから奮発。が、そばがき抜きでも2000円オーバーですから、そもそもB級じゃないですね。

それから、食べても何か満足できず、印象に残らない感じ。自分の食べたいものとは何かが違っていたのか。旨い蕎麦ってこういうもんなのか。「これは旨いはずだから」と思い込んでいるだけなのかな、とか思いつつ店を後にする。

(次の記事に続く)
20:37  |  未分類  |  記事編集

2008.10.05 (Sun)

JCRC塩原RR 撃(以下略) Lee先生課外授業

SN360148.jpg
Sunday 05, October 晴れ。JCRC塩原2日目RR。結果は見ないで帰ってきましたが下の方から数えた方が早いかな。結局調子は変わらず。しかしベストを尽くし清々しくファイトしてきました。レース後予定通り、湯西川グルメツアー。本日は実走行6.3h/166km/3180kJ。
-----------------
さて、TTで振るわず「まぁあとはツーリングだな」的気分となり、昨日はTT後にZIPPも外してしまっちゃっておりました。スキンスーツも着ないで一応出る、くらいの心持ちで。

が、夜21時過ぎに飛んできたメールにあって心境が変化しました。Lee先生からです。「この土日はレースに出ているのか?」とおっしゃるので「今日はTT、明日はRRのレースに出てます、今日はダメダメでした」とリプライ。そんな自分に熱いメッセージが・・・Lee先生も見てないでしょうから抜粋引用します。
================
if you have a bad first day have a really cold bath, massage your legs but dont shave them and take an aspirin and redbull before the start. right now morale is your biggest enemy so have a beer dont go to bed early but do a short ride tomorrow morning to ease the legs. remember you have to think like a predator 'i will win, i will beat them' good luck.
================
そう、biggest enemyに向き合わねば。このまま適当に走って終わっていいのか。どんな悪いときでもやるだけやらなければ。後悔する。後に響く。

そう考えなおしました。オブリーの映画で、アワーレコード挑戦の一日目に失敗し、必死にモチベーションを維持して翌日朝にアワーレコード達成というシーンが蘇る。

朝3時におきて、急遽ZIPPを確認。やはり後輪はダメだ。でも前輪は使える。前だけコルクシューを付け直す。やっぱりスキンスーツも着ることにする。have a beerはやらなかったですが(笑)、メシを食べる。ストレッチ。aspirinとred bullはなかったので代わりにエグゼクティブリゲイン。その間も、何度も念仏のように'i will win, i will beat them'を頭に思い浮かべる。i will win, i will beat them. i will win, i will beat them. i will win, i will beat them...

レース展開は、まぁ昇り口からほぼグルペット・・・レース結果には結びつかなかった訳ですが、やってよかった。力がないなりに展開に集中できた。終わって気分がよい。やるべきことをやったからこそ「次がある」と思える。

先生ありがとうございました。
-----------------
しかしこの不調はなんなんでしょうか。一つ疑わしいのは・・・ローラーの乗りすぎで変な動きが身についている? そういえば7月くらいからローラーのパワー>笠山のパワーな場合が増えてきたり、週末に調子が乗るまで数時間以上かかったり、とか怪しい現象が出ています。次週八方もキャンセルして、龍勢までにちょっと見極めてみよう。
-----------------
では、お楽しみグルメは次の記事で!
23:08  |  未分類  |  記事編集

2008.10.04 (Sat)

JCRC塩原HC-TT もはや恒例の撃沈

20081004195732
23:32@227Wと華麗なる撃沈。

それなりに調整した重要レースのつもりでしたがこの体たらく。試走以下、昨年の90秒落ちとはなんたることか。ていうか木曜ローラー練習以下のパワーじゃん… zipp404とスキンスーツに謝らねばならぬ。すまん。明日は使わないから休んでよい。

ライバルと見ていたzuccha選手はかろうじてかわすことができました。あちらはブルベ号(11kg)だったことに助けられました。

さて明日は。TT総合優勝はゼルコバ朝倉さん@19:25ですがRRにはエントリしてない。TT3位よっしー選手と2位のタカダW松選手の19分台コンビが頭一つ抜けています。アンカーと藤田さんも走るのでまずその辺で分断ですね。

当方はフラットセクションで千切れそうですが、弱いなりにどう走ると割と速いか?を意識してみよう。

しかし意識はすでに湯西川グルメ方面。
19:57  |  未分類  |  記事編集

2008.10.03 (Fri)

塩原周辺 グルメをサーベイ

昨日は仕事で乗れず、さらに英会話も欠席。ああすいませんLee先生。今日は粛々と1x20min@237W + Rを少々。一日休んだおかげで一応まともに乗れた。
-------------------
さて土日は塩原。グルメ計画を立てる。

土曜。昨年はピラミッド温泉近くのパディントンというレストランで旨いパスタとあっさりハンバーグにありつけましたが、今年は和食がいいですね。夜だからご飯物か。

胡桃亭。蕎麦屋だが夕食もあり。
http://www33.ocn.ne.jp/~kurumitei/

美代志食堂。なんかよくわかりませんが雰囲気。
http://r.tabelog.com/tochigi/rstdtl/9002612/

レストランFBI。名前だけ。
http://nik.nasu-net.or.jp/restran/fbi.html


日曜はレース後夕方まで走る予定。時間見合いですが(1)大子・久慈・金砂郷の方まで行って蕎麦食って戻る。(2)三依か湯西川で蕎麦~川俣湖~八汐湖~日塩もみじライン経由で戻る。とか。でも新そばはないか。

金砂郷は昔学生時代に野宿ツーリングでヒイコラ行き着いて、蕎麦食った思い出の地です。実は蕎麦の名所だったらしいですが知りませんでした。なんかあるでしょう。爆弾も多そうですが。

三依も蕎麦をウリにしようとしている訳ですね。
http://www.kodaimura.com/rinnkumisesyoukai.htm
うーんこれは・・・SDA向け?爆弾の匂いが・・・

旧栗山村?湯西川近辺はこちらが参考になります。
http://bankyu.livedoor.biz/archives/2005-06.html
http://rinta7.hp.infoseek.co.jp/soba/nisi.html

深山茶屋がよさげですが・・・移転してるっぽい。

田中屋。栗山村で最初にできたそば屋。
http://odekake.jalan.net/spt_guide000000168619.html

伊勢の前食堂。ばんだい餅。TVにも出たことがあるそうな。
http://www.mapple.net/spots/G00901042003.htm


塩原だと釜彦の「スープやきそば」が毎回気にはなりますが、おそらく味的に好みじゃないな。
00:45  |  未分類  |  記事編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。