QLOOKアクセス解析
2008年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2008.06.30 (Mon)

2008年度 Attack! 299

http://www.h4.dion.ne.jp/~mikami/column/column.html

あちゃー今年も枝折峠の前日(8/2(土))か!今年も「一人エセAttack!299」開催だな・・・
いつがいいかな~
スポンサーサイト
22:19  |  未分類  |  記事編集

2008.06.30 (Mon)

人口甘味料およびCrrの件の補足


(1) 人口甘味料の件(http://tarmac2006.blog103.fc2.com/blog-entry-326.html)に関して

sugakenさんにコメントで教えて頂いたアブストラクト[1]ですが[2]に分かりやすい解説を発見しました。つまり、当該論文では腸壁での糖分吸収量を制御するタンパク質を発見した、ということですね。人口甘味料自体は腸壁から吸収されないが、そのタンパク質はちゃっかり活性化されちゃうので、腸壁での【他の食物からの】糖分吸収量は増える。だから人口甘味料じゃ痩せないヨーン!と。やっぱダイエットコークとメガマックなんかダメダメですね。

[1]http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17724332?ordinalpos=18&itool=EntrezSystem2.PEntrez.Pubmed.Pubmed_ResultsPanel.Pubmed_RVDocSum
[2]http://www.rda.co.jp/topics/topics2983.html

一方、Switchersらの知見は、糖分吸収量を制御する機序を別として、味覚による食欲制御の学習効果を述べたものですよね。

Switchersらの仮説が正しいとすると、[1]の知見を利活用して腸壁での糖分吸収を促進しないような人口甘味料を開発したとしても、食欲邁進を制御できない限りは結局食べすぎて....となるかも。どっちにしろ、現状の人口甘味料じゃだめなんですね。


(2) Crrの件に関しして

バキンさんにコメント頂いた(http://tarmac2006.blog103.fc2.com/blog-entry-323.html#comment470)Crrの件ですが、MのPの2のL(Used)@120psi vs. Crono Tubular(New)@120psi、Corsa Tubular(Used)@120psiだとそんなもんだと思います。

ただし、(1)転がり抵抗は速度依存という点、(2)タイヤ幅がCdAに関係する点に注意してください。コースによってシミュレーションが変わります。また(3)空気圧の影響も無視できません。総合的に判断してベスト・ベットしてください。

まぁ、乗鞍ならでそこまで最適化しても高々±数秒でしょうから、そこまでやる労力で練習したり、気分的にプラセボのある選択をする方がいいですよね。

ちなみにホイール&タイヤのみでは300gくらい?(たしか前はEのAのII+VのUでしたっけ)の軽量化になっていると思います。この減った300gは、乗鞍でバキンさんならだいたい:

P = 0.3[kg] * 9.807[m/s^2] * 1200[m] / (70[min]*60)[sec] ~ 0.84[W]

...のパワー節約に相当します。一方、VのUはバキンさん使用予定の“そのタイヤ”(Used状態)に比して8.3%ほどCrrが低いでしょう。つまり、VのUの方が0.8~0.9[W]ほどCrr的には有利です(同一psiの場合)。

よって、「EのAのII+VのU」との差分は概ね空力+プラセボのみということになるかと存じます。ということは、「空力+プラセボ(+成長)」の分、間違いなくバキンさんはタイムアップするはずです。
22:08  |  未分類  |  記事編集

2008.06.29 (Sun)

雨 ボーナスでDVD買ってローラー

Sunday 29, June 完全な雨。家の周囲は外を走れなくもない程度だが、時間帯によって豪雨が予想されている。外はあきらめた。今日は3セットに分けて合計3.5Hのシロモト。何とか2100kJを消費した。
-------------------
1本目を終えたあと、超久しぶり(2-3年ぶり?)にツタヤにいって例の「トップランナー」(原題:The Flying Scotsman, http://www.theflyingscotsmandvd.com/)を探す。あったあった。これと、その脇にあった「迷子の警察音楽隊」(http://www.maigo-band.jp/)というDVDを借りた。

でも実はDVDプレーヤ(or DVDの見れるPC)が今なかったりする。ソフマップでDVDドライブ買うかな~とか思ってたら、ツタヤで3980円のDVDプレーヤを発見。ずいぶん安くなったなオイ!ラジカセ並み。原価数百円くらいなんだろう。何回使ったら壊れるんだろうか。 ....ボーナスも出たことだしメンドクサイのでお大尽にこれをゲット。
-------------------
The Flying Scotsman。これはいいです。自転車のりなら是非見てください。ローラー用にもオススメ。レースシーンが長いともっとよかったけど、世界戦やアワーレコードのシーンは十分熱い。徹底的にITTとかアワーレコードを収録したDVDがあるといいよな~

スペシャライズド社への敬意も深まりました。あのトライスポーク(今のHED3)カッコいい。あの時代に作られて、今も808に比肩する性能。いや、性能的に必ずしも最高でなくなってもつけてみたい。

しかしアワーレコードのバイクをマイク・バロウズが複製したエピソードって本当?

以前記事に書きましたが(http://tarmac2006.blog103.fc2.com/blog-entry-168.html)、トラック走行のシーンで引きの絵で走ってるのはオブリーさん本人!とのこと。アップだとジョニー・リー・ミラーが走ってますが、そのカメラ撮影をやってるのもオブリーさん。それを知ってみてるとさらに感慨が。

ちなみに、劇中で使われてるスキンスーツの多くに“ヤギの顔”みたいなロゴが入っています。これはUKのウェア&表彰グッズメーカーIMP SPORTS社(http://www.impsport.com/)のロゴです。実は自分の長袖スキンスーツもIMP SPORTS製なんで嬉しかった(かなりどうでもいい話ですが...)。ファスナーの取っ手がイギリス風?でいいです。
19:52  |  未分類  |  記事編集

2008.06.29 (Sun)

人口甘味料の件

先日書いたこちらの記事にて触れた、人口甘味料(アスパルテーム、サッカリン等)の問題点に関する補足です。
http://tarmac2006.blog103.fc2.com/blog-entry-324.html

自分も昨年はかなりコーラゼロとかペプシネックスとか飲んでたんですが、このTIMEの記事を読んでやめちゃいました。要は人口甘味料をとってると、段々食欲が増しちゃって結果的に太るんじゃねーのか、ってことです。
http://www.time.com/time/health/article/0,8599,1711763,00.html


記事をまとめると...
-------------
米パーデュ大学のSusan Swithersらによれば(あくまで動物実験に基づく仮説段階ではあるが)、「パブロフの犬」同様、動物は本来、糖分を摂取するとその甘味(や粘性)に呼応してそのうち自然に食事を止める。ところが、人口甘味料を摂取しているとこの作用が弱まり、甘味を感じてもなかなか食事を止められないようになってしまう。実際、米テキサス大学の調査によれば、ダイエットドリンクの摂取量が多い層は体重増加のリスクが高いことが判明している。
-------------
※パーデュ大学にさらに詳しい記事がありました。
http://www.purdue.edu/UNS/html4ever/2004/040629.Swithers.research.html
リファレンスされてる論文はこれでしょうか。
http://www.apa.org/journals/releases/bne-feb08-swithers.pdf


...なんかダイエットコーク飲んで安心してメガマック食ってる人の絵が浮かんできますが...外食産業の観点に立てば、ドリンクメニューにコークだけでなくダイエットコークも必ず揃えといたほうが儲かるかも。
15:59  |  未分類  |  記事編集

2008.06.28 (Sat)

笠山A標準記録突破会

Saturday, 28 June 曇り。暑いってほどじゃないがムシムシと梅雨らしい。先週はレースでお休みだった笠山。今日は笠山のPBを10秒更新し24:08。一方、Avgパワー先々週-1Wの259W、20MPは260Wと更新無し。風向きでもよかったかな。その後粥仁田峠までCI(クルーズ・インターバル)24分45秒239W。今日はこれ(2本)だけで終わり。

先々週までは本数をすこしずつ増やしてきていて、レース・ウィークで一旦ボリュームダウンした。今週からはまた少しづつ本数and/or時間と強度を増やしていく、予定。果たして枝折峠までに23分台なるか?


これまでの記録:
(Date、笠山TT、直近の20MP)
20070221 2630@251W 265W
20080329 2550@239W 241W
20080430 2517@242W 245W
20080502 2507@244W 248W
20080510 2502@250W 253W
20080517 2435@254W 255W
20080524 2438@254W 256W
20080531 2527@246W 247W
20080601 2440@255W 257W
20080607 2418@256W 257W
20080614 2423@260W 262W
20080628 2408@259W 262W ←本日
※2007年はPTSL、2008年はすべてSRMの値。
22:49  |  未分類  |  記事編集

2008.06.27 (Fri)

ダイエット法 埼玉の食事流

最近のパターンとして、朝食はローラー選手権後9:00~10:00頃。オニギリとかイナリとかだけ。 650~700kcal。

昼食は12:30~13:00くらいに小量。 300~400kcal。

当然その分お腹がすくので、16時過ぎにおやつ。ローソンのエビマヨオニギリ+ウメオニギリが一番人気。 350~400kcal。

でお腹がそんなにすかないけどなんかフラフラするんで帰ってきてから22時過ぎに夕飯。トウブストアへ行き旨そうな(実際旨い)キブンノイワシツミレと246kcalのパックゲンマイゴハンとタマネギとナマシイタケを買って白味噌の薄いゾウスイでゆっくりと食らう。しかし塩分控えめで水分大目なので食っているうちに飽きる。その日の具によって500~600kcal。

朝は胃が疲れていて食えない。ローラーやるときは強度に応じたドリンクだけ。

一日の摂取カロリーが低い、特にタンパク質をケチると変に体重が減ると思う。


・・・一部どこかでご覧になったような気がするかもしれませんが気のせいです。

共通点はカロリー支出バランスの把握、少量多頻度、水分摂取。自分の場合他に、トレーニング前・中・直後以外は甘いものを食べず、人口甘味料も摂らないようにしています。あとは食感のある硬いものを選ぶ、食の進み難い薄味なものを選ぶ、非常にゆっくり食うことなど。

いずれもポピュラーで実績あるノウハウに過ぎず、それらをどれだけ実践するかだけだと思います。

独身者ならばパックご飯やコンビニ物など量とカロリーの把握できるものを主食にするのも手です。コンビニの飯物の具をサラダに載せて食い、ご飯部分はそれだけ食べるのも乙。
23:35  |  未分類  |  記事編集

2008.06.27 (Fri)

木曜小ネタ祭り

(1)八方のW/kg
八方の大会毎のW/kgとタイムを表にしてみました。拡大してみてください。同じくらいのW/kgでもタイムが大幅に異なるのが判るでしょうか。影響要素として可能性があるのは機材重量と風です。機材重量は2006年以降で500g程度軽くなったでしょうか。しかし軽くなったことはあっても重くなったことはありません。風は明らかに悪条件・好条件があります。一年通して出てりゃ必ず好条件の日に一度は当たる、と思います。
happou.jpg

※注:体重の記録が不確かな回は、推定体重の「範囲」として「体重」と「W/kg」が複数書いてあります。

(2)Crr
Crr = Coefficient of Rolling Resistance = 転がり抵抗係数
...です。計算式は(High-Performance Cyclingに載っているMartinさんのモデルによれば)

転がり抵抗による消費パワー[W]
= Crr x 重量M[kg] x 重力加速度g[m/s^2] x cos(arctan(勾配G)) x 速度V[m/s]

勾配Gは、例えば10%勾配だと0.10です。

7%のヒルクラで自分だと9.6Wくらい転がり抵抗で消えます。Crrが他のタイヤに比して1%小さければ0.1Wくらいトクできると思います。

AFMさんのCrr表は実路面より小さめなCrrになっているので注意してください。しかしタイヤ間の相対的な比較には問題ありません。


(3)Cool Biz対応スキンスーツ
夏も着れる半袖スキンスーツがようやく届いた。知らない人がみたら変なコスプレグッズに見えるだろう。うーむなかなかいい。ちょっと袖が緩いな...詰めた方がいいか? 次回八方と枝折峠で着る予定。
00:06  |  未分類  |  記事編集

2008.06.25 (Wed)

Cool Biz ローラー選手権

Wednesday 25, June 本日もシロモトにてローラー選手権。2x20min@253W、252W。今日はフカダックのファンを頭部に向けて吹くようにしてみた。ドリンクは若干薄い目(ポカリ程度)で開始前・レスト・終了後にアミノバイタルゼリー(160kcal)を摂取した。 .....やっぱり濃いドリンクオンリーの方がちょびちょび糖分をとれていいかな。先週よりちょっとパワーが落ちている。やっぱり、TTはたった47分でも体にディマンディングなせいかな。
今週末はまた本数を2本に戻し、かつ5-6週間前より「ハードル」を挙げてLTワークをやろうか。そこからまた本数と強度をすこしづつ増やしていきたい。

【これまでのローラー選手権シリーズ】
(%は小数点以下四捨五入。)
Date, 1st, 2nd, 直近の20MP
02/14 231W(97%) 235W(98%) 238W
02/20 231W(97%) 237W(100%) 238W
02/26 231W(100%) 231W(100%) 231W
02/28 232W(100%) 233W(100%) 233W
(...膝リハビリ中...)
03/26 231W(96%) 231W(96%) 241W
04/09 232W(100%) 228W(98%) 232W
04/16 230W(99%) 233W(100%) 233W
04/23 229W(95%) 230W(95%) 242W
-------------------------------
05/14 248W(99%) 238W(95%) 253W
05/21 249W(98%) 241W(95%) 255W
05/28 254W(99%) 244W(95%) 256W
06/04 253W(98%) 253W(98%) 257W
06/11 256W(100%) 250W(97%) 257W
06/18 255W(97.3%) 252W(96.2%) 262W
06/25 253W(96.6%) 252W(96.2%) 262W ←本日
22:03  |  未分類  |  記事編集

2008.06.22 (Sun)

八方ヶ原HC 2008年度 第2回

Sunday 22, June 雨ときどき曇り。気温は寒くない。八方ヶ原ヒルクライムに参加。タイム47:14(手元計測)、Avg. 242W、1位。自己ベストより102秒遅い。

最近マイブームのグレーテ・ワイツに倣い、レース前はビジーなスケジュールを避け、ナップも取りたい。そこで前夜移動して某PAに車中泊。朝6時ごろ朝食。オニギリ2個とイナリ3個とお茶。食ってしばらく身支度してナップしてスッキリ。トイレもすまして余裕で会場へ。

会場はちょっとムシムシしている。よって今日はスキンスーツなし。長袖のやつは持ってきていたが、これでは暑すぎる。半袖のやつはまだ届いていなかった。これはちょっとマイナス。

ギアは50-34/12-25T。いままで12-27T or 16-27Tだったが、笠山練習の成果か、最近はダンシングで激坂をクリアできるのであえて25Tで。これは問題なかった。というか丁度よかった。

ドリンクは、過去3回無しにしていたが、今回はボトル半分のゲータレードに粉スポドリを足したもの。これを序盤からチビチビ飲み、ちょうどゴールまでにほぼ飲みきった。

スタートは最後から2番目。ターゲットWは240W。しかし前半20分で243Wを超えてしまった。微妙に抜いて下げる、のつもりが旨く調整できず(ああ、Avg.W固定表示にしたい!)。おつりで後半ややタレる。でもがんばってなんとか242Wでフィニッシュ。一応1位ですが、普通このタイムでは3~5位だと思います。

やはり「昨日追い込みすぎた」のは問題があるか??

【これまでの八方】
Date Time@Power Note
2008/06/22 47:14@242W 【今回】スキンスーツなし。
2008/05/05 49:00@226W 減量しすぎてダメダメ
--2007年--
2007/10/08 45:32@256W -0:52 PB。スキンスーツ導入。さらに減量?
2007/09/09 46:24@260W -0:42 減量成功。
2007/07/29 47:06@257W -1:22 ZIPP&美ヶ原作戦導入。
--2006年--
2006/09/10 48:28@262W -1:57 パワーUP14W。
--2005年--
2005/10/03 50:25@248W 初回。

こうしてみると、昨年7月の記録とほぼ同じ。今年はこの後どうなるかな~

-----------------
会場ではジル選手、安価白選手と遭遇。ジル選手、出走直前のメカトラにもあわてず大幅PB更新に成功。でもマダマダやれたと思う!。安価白選手もPBを更新して4位につける。みなさんおつかれさまでした。次回はスピード社製水着着用でお願いします。
-----------------
この前食いそびれた「一休」十割そばを賞味しつつジル選手と反省会。「一休そば」ざるをオーダー。大盛でなくても量は十分でした。...うーむ、蕎麦ですね(笑) 自分はそんなに蕎麦は食べないですが、「蕎都」の田舎そばよりマイルドです。マイランキングでは「蕎都」「大法院」「一休」かな? 自分的にはハード系ほど高ポイントになります。

タグ : レース

22:58  |  未分類  |  記事編集

2008.06.21 (Sat)

擬似笠山ローラー選手権

Saturday, 21 June 雨のためインドアでシロモト。明日は八方HC参加のため、今日は短くLT 1x20minのみ。15分アップ、いったんやすんでスタート。今日はエアコンのフィルタもひさびさに掃除したのでヒエヒエ。更に1本だけ、と脳にインプットしているのでしっかり追い込める。といっても、限界ギリギリという感じではない。

一瞬で終了。ローラー新記録の20MP=261Wをマーク。ああよかった、先週末の笠山での20MPはどうやら計測エラーじゃなかったみたいだ。さらに、これで明日タレた場合の言い訳も完璧だ。具体的には、「昨日追い込みすぎた」とかのパターンが考えられる。

【これまでのローラー選手権シリーズ】
(%は直近の20MPに対する割合。小数点以下四捨五入。)
Date, 1st, 2nd, 直近の20MP
05/14 248W(99%) 238W(95%) 253W
05/21 249W(98%) 241W(95%) 255W
05/28 254W(99%) 244W(95%) 256W
06/04 253W(98%) 253W(98%) 257W
06/11 256W(100%) 250W(97%) 257W
06/21 261W(100%) ----(--%) 262W ←本日

これは参考までに家のローラー環境。ローラーの後方ギリギリに例の150W扇風機を設置。これ以上は寄せられない。風は腰から頭に向かうように。下半身より上半身を冷やしたほうが快適です。エアコンはワークアウト開始前から16℃にセット。斜め上方2-3mの距離より強風が背中付近に直接吹き当たるようにしています。
CIMG1221.jpg

12:33  |  未分類  |  記事編集

2008.06.20 (Fri)

私も推理 - Fさん -

Fさんは一日のワークアウト時間が1hと聞いたことがあります。

30min@230W x 1
4min@270W x 4
Total 46min

残りの14分は何をやっているのでしょうか?
自分だったら、こうするかな?

5min@120W (ウォームアップ)
30min@230W x 1 ★
4min@270W ●
1min@150W
4min@270W
1min@150W
4min@270W
1min@150W
4min@270W ▲
6min@150W (クールダウン)
Total 60min

こうでもしないと、レスト時間の計算が合わないですよね。DRF用語では★のタイプのLTワークをTempo、●~▲のタイプのLTワークをCruise Interval(CI)と言います。DRFでのCIのワーク/レスト時間比は5:1くらいです。(e.g., 48sec for 4min)

●~▲のレスト60sec(1min)と想定し、●~▲の平均パワーを計算すると251W@19min。★も加えると238W@49minになります。

もし●~▲のレストを48secにすると、それぞれ254W@18min、239W@48minになります。

これはきついんでしょうか。仮に、この時点でのFさんのFTPが5.0W/kgとしてIF0.870です。これを週2回ならそんなでも無い気がします。が、週3回に増やしたり、微妙に●~▲のワーク/レスト比を変えたり、全体の強度を上げたりすればきつくなるでしょう。

いずれにせよ、Fさんのパワー特性を抜きに、相対的なインテンシティを語るのは早計だと思います。さらに、フェーズによってもっと異なるインテンシティ・ミクスチュアを取っている可能性も否定できません。

Fさんは長年培ったベースがある、というのは間違いなく、その上でこのような小ボリューム/高インテンシティトレーニングを行うのは悪くない気がします。Fさんの引退後の5MP、20MP、FTPの推移データがあれば見てみたいです。
22:48  |  未分類  |  記事編集

2008.06.20 (Fri)

今秋のPowerTapモデルチェンジ(EDIT2)

http://www.velonews.com/article/77542

http://www.cyclingnews.com/tech.php?id=tech/2008/features/saris_powertap_launch_08

今秋のPowerTapモデルチェンジについて。
Compを除いて全部ワイヤレス化し、ANT+(Garmin)対応になるそうです。

VNの記事には「a dual broadcasting system that also works with the Garmin 705.」とあるので、ハブ側はANT+と旧来のPT Wirelessプロトコル両対応と思われます。
【EDIT 6/20】6/20にSarisのJesseさんがWattageに流した情報によると、間違いなく上記の通りデュアルプロトコルで“同時送信”(トグルではなく)するようです。

CNの記事によれば、既存のPowerTap SL 2.4 wirelessもハブ側のファーム更新でANT+対応にアップグレードできるとのこと。
【EDIT 6/20】6/20にSarisのJesseさんがWattageに流した情報によると、SL2.4 Wirelessハブのバッテリコネクタのところにさしてファーム更新するデバイス(Firmware Updater)を今秋に販売するそうです。価格は今のところ不明。

(1) PowerTap Comp
$799.99 唯一の有線モデル。
(1) PowerTap Elite+
$999 スチールアクスル、アルミハブシェル、スチールフリーボディ 625g
(2) PowerTap Pro+
$1199.99 アルミアクスル、アルミハブシェル、アルミフリーボディ 475g
(3) PowerTap SL+
$1599.99 現行SLと同じカーボン/アルミシェル 15mmアクスル 416g
(4) PowerTap SLC+
$2399.99 15mmアクスル、セラミックベアリング

Elite+はQuarqを意識したものかな?ハブオンリーで安く売ってくれたらいいかも。他にMavicからCCのPT版がでるとか。しかし有線はどうなるんだ。ロバストな有線を愛する守旧派としては気になるところ。

一方のQuarqはいつ出回ってくるんだろうな~ 流通量と初モノで何があるかわからない不安がある。

まぁこれで旧型の中古も安く出てくるだろうし、市場競争の効果さまさま。
(EDIT:SL+の価格。)
(EDIT:dual bc および retrofit の件。)
(EDIT:CNに続報がでたので追記・修正)
(EDIT:WattageにSL Upgradeの詳細が出たので追記・修正)
21:37  |  未分類  |  記事編集

2008.06.20 (Fri)

イタリアン

関係ないですが新潟県中越地方でドミナントなファーストフードチェーン「フレンド」では、「イタリアン」という、“ミートソースがけ焼きそば”がポピュラーでした。これに餃子がまた合った。今でもあるのか?
-----------
本題。よく聞くイタリア式トレーニングのソリア、メディオってどういう意味なんでしょうか。SFRというのもよく見かけます。イタリア語だとなんかミステリアスで素敵な響きです。

Wattage、BTR、CF、WW、STF等海外のフォーラムでも見かけないので、イタリアから日本に直輸入された用語でしょうか。どうやら、ニッポの柿木監督が昔雑誌記事にしたことがあり、そこから広まったフシがあります。

「ソリア」でweb検索すると「選手として一番重要なレベル」という同じキーワードが引っかかります。そこからたどるとこちらのサイト[1],[2]に詳しい内容を発見しました。
[1] http://www.hi-ho.ne.jp/shou777/italian_heartrate_training.htm
[2] http://homepage2.nifty.com/libertus/sub4/sinpaku.htm
どこかで、これらは柿木さんの記事の引用と見た覚えがありますが、その柿木さんの原著がないので確認できません。

一応、祖国イタリアの情報も確認してみましょう。MAPEI Sportsの質問コーナーより。(そう、あのMAPEIですからたぶん信用してよいんでしょう!)
http://www.mapeisport.it/staffrisponde.asp?P=5

....さっぱり分からんのでGoogle翻訳。
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fwww.mapeisport.it%2Fstaffrisponde.asp%3FP%3D5&hl=ja&ie=UTF8&sl=it&tl=en

【伊→英 翻訳結果、を一部手修正。】
Q. What are the values of the various% range of training (bottom medio,bottom lungo,etc...)?
------------------
A. In our methodology, workout use rhythms: LENTO(=SLOW), LUNGO(=LONG), MEDIO(=MIDDLE) and SOGLIA(=THRESHOLD). The pace LENTO(=SLOW) is the pace of training base, which is characterized by values of heart rate, which must remain below the 75% of heart rate of SOGLIA(=THRESHOLD). The pace LUNGO(=LONG) is equal to 80% of heart rate of SOGLIA(=THRESHOLD). The pace MEDIO(=MIDDLE) is characterized by values equal to 90% of heart rate of SOGLIA(=THRESHOLD). Paul Menaspa - 07.01.2008
-------------------
要は「LENTO(=SLOW), LUNGO(=LONG), MEDIO(=MIDDLE) and SOGLIA(=THRESHOLD)」ですね。「characterized by...」ってとこがイタリアらしくおおらかな感じです。

[1],[2]と違うのは、基準がすべて(HR-MAXではなく)SOGLIA-HRであるという点。SOGLIA-HRというのは呼気や乳酸が測定できれればそこから推定する、と別に書いてあるようですから、VTやLTと思われます。おそらく柿木さんは、簡単のため、SOGLIA=90%HRMAXにしちゃったんじゃないでしょうか?

LT-HRを基準にするのは、FrielやCoggan[3]と同じです。
[3] http://www.midweekclub.ca/articles/coggan.pdf

「characterized by」がaverageの意味に近いならば、90%LT-HRのMEDIOはSST強度くらいでしょうか。80%LT-HRのLUNGOはL2~L3。100%LT-HRのSOGLIAはL4の真ん中。

あれ、でも[1][2]によればMEDIOはたった15分?SOGLIAが15分だったらまだ分からなくもないですけどね?? なんか変です。

ということで、以下自分の推測。おそらく、イタリア式はアベレージHRを見るのではなく、ワークアウト初期にいきなりMEDIO-HRなりSOGLIA-HRなりに上げる、ということではないでしょうか。

例えば、MEDIOワークアウト開始直後にMEDIO-HRまでUPさせようとすれば、パワー的にはL4上限~L5付近になるでしょう。で、その後MEDIO-HRに収束させようとすると、ワークアウト全体ではなんとなくL4のあたりに落ち着くのでは? 案外、適当そうで旨く考えられてるのかもしれません。うーん「characterized by」ってそういうことか^^?

# 柿木さんは実際どのようにMEDIOやSOGLIAを指導されてるんだろう?もしご存知の方がいらしたら情報ください。

タグ : トレーニングメニュー

21:17  |  未分類  |  記事編集

2008.06.18 (Wed)

副都心線開通記念ローラー選手権

Wednesday 18, June 本日もシロモトにてローラー選手権。2x20min@255W、252W。1本目は255Wで余裕めに。2本目はがんばって252W。やっぱり先週末の262W20MPは計測エラーか??

【これまでのローラー選手権シリーズ】
(%は小数点以下四捨五入。)
Date, 1st, 2nd, 直近の20MP
02/14 231W(97%) 235W(98%) 238W
02/20 231W(97%) 237W(100%) 238W
02/26 231W(100%) 231W(100%) 231W
02/28 232W(100%) 233W(100%) 233W
(...膝リハビリ中...)
03/26 231W(96%) 231W(96%) 241W
04/09 232W(100%) 228W(98%) 232W
04/16 230W(99%) 233W(100%) 233W
04/23 229W(95%) 230W(95%) 242W
-------------------------------
05/14 248W(99%) 238W(95%) 253W
05/21 249W(98%) 241W(95%) 255W
05/28 254W(99%) 244W(95%) 256W
06/04 253W(98%) 253W(98%) 257W
06/11 256W(100%) 250W(97%) 257W
06/18 255W(97%) 252W(96%) 262W ←本日
20:46  |  未分類  |  記事編集

2008.06.16 (Mon)

体重変化の謎 - オプティマル・レンジ -

昨年からの体重と20MPの変化をまとめました。グラフは細かいので拡大してみてください。

体重ログ


注1: W/kg算出に使用しているのは「移動平均的にだいたいその辺の体重であろう値」です。
注2:一日の中で複数回測定している場合もあります。

こうしてみると、同時期でも2kg程度は容易に変動していることがよく判ります。宿便、グリコーゲン、水分量がありますからね。1~2月なんか3kg以上振れてます。ロングライドであまり補給してなかった場合かな? でもバネのように、すぐもとのレンジに戻っています。体重が“本当に”減っていっているとき(2007/9~2008/1)は、むしろ振幅は小さめに見えます。

これまで、あらゆる練習コースで体重55~54kg付近でPBをマークしていますが、データ的にも体重54kg付近で(20MPの)W/kgが最大となっているようです。(残念ながら、このレンジのときに笠山を走っていませんが、おそらくPBが出ていたでしょう。)

ちなみに、270W/54kgでも265W/53kgでも同じ5.0W/kgですが、どちらが速いかは条件(コースプロファイル、CdA、重量、パワー)によると思います。シミュレーションしてみるのが一番簡単ですね。(これで答えになりますか>>安価白さん)

2007/10→2007/11を見ると、パワーを維持しながら急激にウェイトが落ちている(約-1.5kg/月)ため、良い感じにW/kg的ピークになったようです。しかし八方各大会の記録を読み返すと、どうも2007/9以前は57~58kgでもっとパワーがあったようなフシがあります。ですがタイムは出てない。

2007/12~2008/03は体重が減りすぎです。W/kgも著しく低い。雑炊の食いすぎも考え物です。加えてスピードワークも不足していた可能性がありますが、はっきりとしたところは判りません。2月にL5をやりかけた記録もあります。

2008/05からは笠山TTとローラー選手権が入って昇り基調です。体重は思ったほど増加してません。53kgのままなら267Wを超えたいところ。
23:57  |  未分類  |  記事編集

2008.06.15 (Sun)

松村甘味食堂に挑戦 いなりレーティング

Sunday 15, June 晴れ。次週は八方に参加するので、今日は本番より少し短い距離でレースペースちょい下で走り、感覚をつかみたい。(これまたグレーテ・ワイツのアドバイス in Lore of Runningより。)

場所に迷ったが結局手近な有間山へ。丸山の方が道がいいけど、あそこは秩父側がスタートになってしまう。

有間山。今日は名栗湖の下から登って、35分のところまでがんばる。238Wだった....さすがに昨日の疲れがあった、ということにする。しかし路面状況が非常に悪い。雨のせいか、はたまた先日の地震の影響か、入り口付近、途中のいつも土砂がでているところなんかはかなりの土砂。他にもいたるところ岩あり。あまり練習コースとしていい状況ではなかった。雨が続くともっと悪化しそう。

あとは、秩父側におりて、丸山を登って高篠経由で帰る。
-----------
この前、お花畑の立ち食い蕎麦に挑戦したとき、気になる看板を発見していた。「甘味食堂松村 いなり・おにぎり・お弁当」とか書いてある。その後web調査の結果、どうやら伊勢屋系のお店で食堂営業もしているらしく、ラーメンが旨そうだった。

いってみた。場所はお花畑駅のすぐそば。ベルクの前。
080615_1413~01
080615_1412~01

自転車はあまり置き場が無いですが、おばちゃんにいったら玄関のとこに置かせてくれました。ありがとう。

一般的な食堂メニューに加え、おにぎり、すまんじゅうなど伊勢屋系メニューが揃っています。まぁ細かい情報や写真は他のwebサイト(ラーメン系とか)でみてください。当方はあくまで伊勢屋系サイクリスト?としてレビュー。いなり3ヶセットをオーダー。...といいつつやっぱりラーメン(500円)も。ラーメンイナリ。

情報どおり、店内は昭和の世界。寄居の伊勢屋もにたような雰囲気ですが。そう、渡る世間は...に出てきそうな感じ? 14時頃でしたが地元の方か、お花畑駅の利用者でかなり賑わっていました。カウンターのオニギリなども次々補充されています。

奥の調理場が見えます。きっちりとした白衣と和帽子に身を包んだ板前が丁寧に盛り付けているところが見えます。決して気取った店ではないんですがなんか嬉しい。

ラーメン。普通。丁寧。安心。むさ苦しい料理場で大げさに作ってるなんちゃら脂系とかそういう物とはまったく無縁。派手なラーメンを期待する人はオーダーしない方がいいです。自分は結構好きです。デュラエースの手組み車輪に近い。
080615_1346~01


いなり。基本を抑えておりまぁまぁです。ちょっとラーメンにはマッチしない。オニギリにしとくべきだったか。
080615_1341~01


総合的には、自分と同じく、派手さのないB級グルメを愛するあなたにオススメです。

-------------
ところで、自分の中でいなりの個人的レーティングを行いました。あくまで自分の味覚基準です。

1位:寄居の伊勢屋...カワしっかり、米の食感ヨシ、味はしっかりしているがくどくもない。食ったとき書いたとおり完成度が高い。まんじゅうでいえば東秩父。

2位:長瀞のまさぶみ...カワしっかり、米の食感ヨシ。味はちょっと甘めで濃い。おやつとして食べるスイーツ系いなり。まんじゅうでいえばふくろや。

3位:松村甘味食堂...上位2者と比べると落ちますが、標準的伊勢屋レベル?
22:08  |  未分類  |  記事編集

2008.06.14 (Sat)

第11回 笠山国際ヒルクライムロードレース

Saturday, 14 June 晴れ。暑くなってきた。今日は笠山のPBタイムに5秒届かず24:23。一方、Avgパワーは+4W、20MPは+5Wと大幅更新。その後粥仁田峠までCI(クルーズ・インターバル)25分239W。朝比奈分岐から定峰、22.5分243W。正味3hの集中走行。まんじゅうとお切り込み食って風呂入って帰る。暑い日に熱いお切り込みもまた旨い、と思うが一緒にいた客の中でアツアツ食ってたのは俺だけだったような。
---------------
でも本当にパワー+4Wなら20sec程速くならないとおかしいはず。でも実際には5秒ダウン。問題点は?
(1)先週よりウェイトが重かった ....+1.3kg増加していたならちょうど相殺するけど、そんなに増加した覚えはないな
(2)タイヤが新品だった...この影響は3秒前後だろうな
(3)スプロケ21T、24Tのあたりでチェーンが滑って旨く走れなかった...これは影響あるかも

あるいは(3)に起因するトルク計測エラーはなかったのだろうか? 一応、スプロケもそろそろ交換した方がいいかな~

これまでの記録:
(Date、笠山TT、直近の20MP)
20070221 2630@251W 265W
20080329 2550@239W 241W
20080430 2517@242W 245W
20080502 2507@244W 248W
20080510 2502@250W 253W
20080517 2435@254W 255W
20080524 2438@254W 256W
20080531 2527@246W 247W
20080601 2440@255W 257W
20080607 2418@256W 257W
20080614 2423@260W 262W ←本日
※2007年はPTSL、2008年はすべてSRMの値。
18:28  |  未分類  |  記事編集

2008.06.11 (Wed)

肝臓グリコーゲン、血糖値、運動量低下

またLore of running関連。今まで「グリコーゲン枯渇」や「血糖値低下」とパフォーマンスとの関連が今ひとつ飲み込めない感じだったんですが、Lore of runningにおけるノックスさんの説明が、一番納得できる気がしました。ただ、CGM(セントラル・ガバナー・モデル)を使っているので、これも十分に確立された理論ではないと思います。以下、自分の理解のまとめです。

------------------
【ポイントまとめ (1)から順に重要】
(1) 運動中に運動量をなるべく維持するには、【肝臓内】のグリコーゲン量を維持することが重要である。

(2) 高強度運動を開始してしまうと、肝臓内のグリコーゲンは、満杯状態からでも高々1-2hしか持たない。よって運動前に満杯にするとともに、運動中にもスポドリ等で補充した方がよい。このためには少しづつ(炭水化物60g(240kcal)/1時間)でよい。

(3) これはなぜか? 血糖値(血中グルコース濃度)が低下すると、脳が自分を守るためにCGを発動し、運動量を低下させるから。脳は血中のグルコースを貰えないと活動できないためである。そして血糖値を決めているのは肝臓内のグリコーゲン量である。

(4) 「筋肉内」のグリコーゲン量も影響するが、こちらはかなり沢山あるので、数時間単位の運動においてより重要となる。

------------------
【以下、やや詳しい説明】
■1 概念図
①(炭水化物摂取) --> [肝臓でグルコースに変換]
--> [肝臓にグリコーゲン貯まる]
--> [肝臓、必要な分だけ、グリコーゲンをグルコースに分解]
--> [グルコースを血中に放出]
--> [血糖値上昇]
--> [脳・臓器・筋肉に運ばれ使われる]

②(運動) --> [肝臓のグルコース急激に消費(平常時の6倍)]
--> [肝臓のグリコーゲン枯渇]
--> [グルコースを血中に放出できない]
--> [血糖値低下]
--> [CG発動、運動量低下]

■2 基礎
食べ物は肝臓でグルコースに変換される。さらにグルコースは1)グリコーゲン(グルコースの塊)に変換され肝臓(レバー liver)に貯蔵されるか、あるいは2)グルコースのまま筋肉(マッスル muscle)に運ばれる。
そして筋肉内ですぐ使われなければ、こちらもまたグリコーゲンに変換されて筋肉に貯蔵される。グリコーゲンの形態じゃないと貯蔵はできない。

- レバー・グリコーゲン(liver 肝臓の方):
これはアスリートで130g。一般の人では100g。マッスル・グリコーゲンにくらべてほんのちょっとしかない。また、平常時でも10g/時間のリバー・グリコーゲン消費が進行している。
そして、【肝臓は、貯蔵したグリコーゲンをグルコースに戻すことができる】。

- マッスル・グリコーゲン(muscle 筋肉の方):
これはアスリートなら最大720gほどためることができる。しかしフルチャージまでには、完全レストで24-48hを要する。ちなみにトレーニングしてない一般の人は280gくらいしか貯められない。
ここで、【筋肉は肝臓と違い、貯蔵したグリコーゲンをグルコースに戻す機能がない】。

筋肉はグリコーゲンをピルベート(pyruvate, ピルビン酸塩)という筋肉内専用のエネルギー源に分解して使う。ピルベートを乳酸(lactate)に変換し、乳酸シャトル(lactate shuttle)という機構によって、筋肉間でならエネルギーを融通できる。
※ ここはちょっと自信ないです。あってますかsugaken先生!
※ コー本によれば、マッスル・グリコーゲンの方がレバー・グリコーゲンより代謝が早いはず、とのこと。


■3 なぜ肝臓(レバー・グリコーゲン)が重要か
高強度の運動を開始すると、60g/時(平常時の6倍)の速度でレバー・グリコーゲンがグルコースに分解され、筋肉に輸送され始める。だから、レバー・グリコーゲンはすぐに枯渇する。そうなると、hypoglycemia(ハイポグリセミア、低血糖(low blood glucose concentration)状態)が起こる。特に、脳はグルコースしか代謝できないから、ハイポグリセミア状態になると脳(CG)が体にブレーキをかける。

なんで筋肉中にそんなにグリコーゲンがあるのにハイポグリセミアが起こるのか?エナジードリンクを飲むとなぜ運動持続時間が延びるのか? そう、「筋肉は貯蔵したグリコーゲンをグルコースに戻して血中に戻す機能がない」から、レバー・グリコーゲンを高レベルに保たない限り、いくらマッスル・グリコーゲンが残っていても、低血糖を察知した脳がCGを発動、「止めてくれシグナル」を出してしまうのだった。

もしレバー・グリコーゲンが満杯になっていれば、1~2時間くらいはハイポグリセミアにはならないはず。しかし、平常時でも10g/時間のリバー・グリコーゲン消費が進行しているので、必ずしも満杯じゃないのであった。寝起きなんかも危ないと思われる。

ちなみに、マッスル・グリコーゲンが空のアスリートの血中に直接グルコースを流し込んでやったら、バリバリ動けたとの報告もある。(Claassens et al. 2001)

タグ : 運動生理 グリコーゲン

22:53  |  未分類  |  記事編集

2008.06.11 (Wed)

朝のローラー選手権

Wednesday 11, June 本日もシロモトにてローラー選手権。2x20min@256W、250W。1本目は256Wだったが、まだ余裕があった...ように感じたけど結局2本目は後半ダレダレで250W。1本目をもう少し緩くしてもよかった。

【これまでのローラー選手権シリーズ】
(%は小数点以下四捨五入。)
Date, 1st, 2nd, 直近の20MP
02/14 231W(97%) 235W(98%) 238W
02/20 231W(97%) 237W(100%) 238W
02/26 231W(100%) 231W(100%) 231W
02/28 232W(100%) 233W(100%) 233W
(...膝リハビリ中...)
03/26 231W(96%) 231W(96%) 241W
04/09 232W(100%) 228W(98%) 232W
04/16 230W(99%) 233W(100%) 233W
04/23 229W(95%) 230W(95%) 242W
-------------------------------
05/14 248W(99%) 238W(95%) 253W
05/21 249W(98%) 241W(95%) 255W
05/28 254W(99%) 244W(95%) 256W
06/04 253W(98%) 253W(98%) 257W
06/11 256W(100%) 250W(97%) 257W ←本日
20:28  |  未分類  |  記事編集

2008.06.09 (Mon)

脳トレ用インターバル

仕事の最中に、CG(セントラル・ガバナー)をだまして追い込み度をUPするワークアウトを思いつきました。名づけてEDI(Extended Deadline Interval、エクステンディド・デッドライン・インターバル)。デッドライン=締切り、の意味です。

やり方は簡単で、ターゲットパワーと、それを維持すべき「最短の時間」T分を予め決めておく。インターバルを開始。首尾よくターゲットパワーをT分間維持できたら、そこでインターバル終了。維持できなかった場合は、ターゲットパワーを1W下回る毎に1分長く走る。

20分のインターバルを例にとって説明します。今、20MP=260Wを達成したいとする。しかしながら現在の最高記録は20MP=257Wです。ではスタート。

【20分間で260Wを達成した!】
→ ハイ、インターバル終了です。しかし、調子がよければもっと走ってもいいですよ。

【20分間で258Wしか行かなかった..】
→ 残念ですがあと(最低)2分がんばってください。

...インターバルを数本揃えたい場合はやらない方がいいですね。あくまで追い込み用で。
22:15  |  未分類  |  記事編集

2008.06.08 (Sun)

脳関連 「追い込む」について考える

前に書いたNoakes(ノックス)さん提唱のCGM(Central Governor Model セントラルガバナーモデル)ですが、これは要するに「タガ」が外れるってことだと思えばいいと思います。ただしノックスさんが提唱しているだけで、十分に確立されている訳ではないので注意してください。支持・不支持の人がそれぞれいます。詳しくはLore of runningや、前に書いたlet's run forumの当該スレッドを見るのがいいです。

以下、自分なりの解釈です。

脳(CG、セントラルガバナー)は(1)体が壊れないように、また(2)無事その日の活動を終えることができるように、無意識にいろいろ体に「タガ」を嵌めている。
(1)の例:
ランナーの体は本当は、脳や臓器や関節が壊れるペースで走ることもできる。しかし、脳はそんなことを許さず、アシドーシスやグリコーゲン枯渇/血糖値低下を察知すると、筋肉の動員量を下げて体を守る。

(2)の例:
狩人は獲物を追いかけるが、仕留めたあと、夜までに家に帰らなければならない。だから、狩りの最中も無意識に、限界まで体力を使わないようにしてしまう。(これはノックスさんが挙げていた分かりやすい例ですが、ランニングやサイクリングの「ペーシング」を制御していると考えれば繋がるでしょ?)


人間の体はホメオシスタシス(恒常性)を持つ。身体機能をUPしても「タガ」は自動的には緩んでくれないらしい。では「タガ」を避けてパフォーマンスUPするには?

(a)脳を「再プログラミング」して「タガ」を緩める。
あるいは、
(b)ウソの情報をインプットして、「タガ」が発動されないようにする。

(a)の例:
HIT(ハイ・インテンシティ・トレーニング、e.g., tabataプロトコル)を行って、短時間でいいから高負荷状況を脳に体験させる。これは実際、「耐乳酸トレーニング」などと称されて一部実践されていると思います。実は自分もちょっとやったことがあります。たしかに、これをやるとしばらくの期間、「追い込める」ようになった気がします。そういえばトラック出身のブラッドリー・マッギーがレース後によく倒れてます。凄いなーと思うのですが、おそらく彼のようにトラック系の選手は、若いころからそんな「タガ」を緩めるトレーニングをこなしているんでしょう。

また低血糖(ハイポグリセミア)やオーバーヒートも「タガ」発動のトリガーになるようですが、これらはドリンクやクーリングで対策できるでしょう。


(b)の例:
これはノックスさんが書いていましたが... ノックスさんがあるジュニア選手をレースに出場させた。ジュニア選手、レースの中盤で先頭集団から切れてしまい、ノックスさんに“監督、調子悪いんでリタイアしたいんですけど”と言ってきた。そこでノックス監督、“あ、じゃあ先頭集団にもう一回追いつけたら、そこでリタイアしちゃっていいよ”と指示。どうしてもリタイアしたいジュニア選手、死ぬ気でアタック。見事に追いつく。しかも、結局リタイアしないでそのまま先頭集団でゴールした。ジュニア選手には、もともとその力があったのだ。

...今日、自分もこれと似たことをやってみました。ショボイ実験で恐縮ですが、裏定峰で、走っている最中に「よし、今日はこれが終わったらもう終わり!ここで力尽きてもOK!」(本当は自走なんで走らないと帰れませんが)と自己暗示をかけました。きわめてアネクドータルですが....たしかに追い込めたような。練習終盤でヘロヘロだったにしては19分間@244Wいけました。その後回復するまでつらかったです。CGMと関係ないかも...

今実際にそうしていますが、「追い込みデイ」は現地近くまで車アクセスがいいかもしれません。あるいはインドアとか。

そういえば、結構強い選手でも、一人で練習するとあまり追い込めないタイプの人が、案外多いような。でも同行者(練習パートナー)がいると追い込めるとか。これももしかすると、「同行者がいれば途中で倒れても平気!」...とかタガ抑止効果があるのかも? Lore of runningによれば、ケニアの陸上選手はかならず2人以上でトレーニングするそうです。擬似レースや練習レースを増やのも効果がありそうです。
19:51  |  未分類  |  記事編集

2008.06.08 (Sun)

いなりカフェ「まさぶみ」に挑戦

Sunday, 8 June くもり 気温やや高め。本日は130km(ショボ...)、正味走行4.6hのロングライド。鳩山~小川町~寄居~金尾山~(小休)~裏定峰~白石~(小休)~鳩山。小休の他は自販ドリンク購入のみ。

-----------------
金尾山を下りて、今日も荒巻直行か...とおもっていたら見慣れぬ看板を発見。アレ、こんなの前からあったっけ...
080608_1127~01


いなり専門店「まさぶみ」。
(後で調べてwebを発見。http://www.masabumi.net/)
現場は金尾山を長瀞側にくだってすぐのところです。
「いなり」ののぼりが目立つので分かると思います。

この前、寄居の伊勢屋でいなりを食えなかったのを思い出し、思いっきり心引かれて速攻で入った。

ご婦人が一人でお店番。本当にいなり専門。まさぶみいなり、ゴマいなり、くるみいなり(人気商品)、さくらいなりの4種類+弁当セットがある。

くるみとさくらは売り切れ。まずは基本から、と「まさぶみいなり」(285円/3個)をチョイス。土日は朝8:00からやってるそうですが、ご近所の方が結構買っていってしまったり、仕出しの依頼があったりして、看板商品のくるみいなりは結構早くはけてしまうとのこと。JA長瀞直売所にもちょっと下ろしているそうです。
080608_1113~01

さっそく、カフェのような(実際は作業場)お席で賞味。更に、ご親切にコーヒーを無料で出して頂きました。う、旨い。これは飯ではなくスイーツの次元に近い。寄居の伊勢屋より揚げ部が厚めでしっかり、飯にもタレがしみている。しかしながらジュクジュクになっている訳ではなく飯の食感はしっかり。これはいい。オススメです。寄居の伊勢屋より味は濃い目です。コーヒーとも合う、と俺は思います。
080608_1115~01

また「仕出し配達で一時不在になったりするから、またくるときは電話で確認したほうがいいですよ」とのこと。今度はくるみいなりを狙いたいですが、はたして何時に来たら食えるのか。



18:19  |  未分類  |  記事編集

2008.06.07 (Sat)

全日本個人的タイムトライアル選手権大会in笠山

Saturday, 7 June 晴れ。暑くも寒くもなく。今日は笠山のPBタイムを17秒とかなり更新。Avgパワーは+1Wだけ更新。20MPは更新なし。今日はウェイトが少し軽かったか。その後二本木峠のピークまで24.5分243W。さらに今日は本数を増やすため白石分校から荻殿線で笠山、18.5分244W。もうそう簡単にパワーが伸びる領域でもないので、徐々に負荷とボリュームを増やして様子を見る。

これまでの記録:
(Date、笠山TT、直近の20MP)
20070221 2630@251W 265W
20080329 2550@239W 241W
20080430 2517@242W 245W
20080502 2507@244W 248W
20080510 2502@250W 253W
20080517 2435@254W 255W
20080524 2438@254W 256W
20080531 2527@246W 247W
20080601 2440@255W 257W
20080607 2418@256W 257W ←本日
※2007年はPTSL、2008年はすべてSRMの値。
17:03  |  未分類  |  記事編集

2008.06.06 (Fri)

ナトリウム系統

(主に大豆さんとsugakenさんへ)
(1) Lore of runningによれば、重曹(炭酸水素ナトリウム)は主に短距離用(陸上では400-1500m以下)。トラックサイクリングの中では中・長距離の時間になるんでしょうか。
運動2h前に0.3g/体重1kgを摂取することで、血中&筋肉中pHを上昇させておく。するとH+イオンへの耐性が(摂取から3hほど)高まるそうです。エンデュランス系でもHIT系トレーニングの準備としてはいいかもしれないです。

(2)長距離に使えそうな第三リン酸ナトリウムはきっとsugakenさんが買ってきてくれるので、3人で試してみましょうか(笑) 笠山23分台でるかも^^ Friel本によれば、「ヘモグロビン中の酸素が筋肉中で完全に放出されるのを助ける」のだそうです。
22:49  |  未分類  |  記事編集

2008.06.05 (Thu)

消毒液ドーピング

sugakenさんからコメント頂いたソディウム・フォスフェート(リン酸ナトリウム)などについて。
Wattageでも盛り上がってますね!

(1) Na3PO4 = Sodium tribasic phosphate = 第三リン酸ナトリウム。
かん水などの材料。と思ってたら消毒液にも使うのですね。
お手ごろ価格にて入手できそうです。さぁどうぞ!
http://www.sqr.or.jp/usr/fujiengei/gg/S4006/index.html

(2) NaHCO3 = Sodium bicabonate = 炭酸水素ナトリウム。
これはもろ重曹、ベーキングパウダー。どこでも買えますね。

(3)使い方の例。
[1]を見てください。1g x 4回/dayを6日間使ったそうです。16.1km TTでのパワーが9.8%程度上昇したそうです。(ウソクセー)

(参考)
[1] http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17569583
[2] http://www.hammernutrition.com/za/HNT?PAGE=ARTICLE&ARTICLE.ID=850&OMI=&AMI=&RETURN_URL=%2Fza%2FHNT%3FPAGE%3DEXPERTS%26OMI%3D%26AMI%3D&RETURN_TEXT=Ask%20the%20Experts
23:38  |  未分類  |  記事編集

2008.06.04 (Wed)

SRM PC VIのAvg.固定

WattageのBob Tobinさんの回答より。

- アベレージ表示固定にできるか?
- できるようになった。ただしCurrentとAverageの同時表示はできない。

http://www.cyclepowermeters.com/powercontrol-vi-46-c.asp
↑の「SRM Win 6.40.01 Beta2」の写真に「Return to Main Screen」という設定項目が増えていて、automatic/manualが選べるのが判ると思います。

...ということで多分オッケーです安価白さん。Avg.固定は待望でしたね。これだけでPC VIにしたいかも?
23:21  |  未分類  |  記事編集

2008.06.04 (Wed)

梅雨のローラー選手権

Wednesday 04, June 本日もシロモトにてローラー選手権。2x20min@253W、253W。今日は追い込みすぎないようにギリギリのところで、2本フラットになるようにやった。パワーもPBに近づき、飽和してなかなか上がってきてないから、この強度のまま楽に感じるようになるまで数セッションやってみよう。土曜も本数を増やそうかな。

【これまでのローラー選手権シリーズ】
(%は小数点以下四捨五入。)
Date, 1st, 2nd, 直近の20MP
02/14 231W(97%) 235W(98%) 238W
02/20 231W(97%) 237W(100%) 238W
02/26 231W(100%) 231W(100%) 231W
02/28 232W(100%) 233W(100%) 233W
(...膝リハビリ中...)
03/26 231W(96%) 231W(96%) 241W
04/09 232W(100%) 228W(98%) 232W
04/16 230W(99%) 233W(100%) 233W
04/23 229W(95%) 230W(95%) 242W
-------------------------------
05/14 248W(99%) 238W(95%) 253W
05/21 249W(98%) 241W(95%) 255W
05/28 254W(99%) 244W(95%) 256W
06/04 253W(98%) 253W(98%) 257W ←本日
22:14  |  未分類  |  記事編集

2008.06.03 (Tue)

立てこもり事件等

Tuesday, 3 June
(1) 会社の近隣で立てこもり事件発生。

(2) SRM PCVI
Bob Tobinさんのサイトより。SRM PC VIの情報です。
http://www.cyclepowermeters.com/powercontrol-vi-46-c.asp

その他WattageへのTobinさんのポストによると:

- Altitude表示に対応。

- 「File format seems to have changed so WKO+ wont import the files and you cant download to it.」
ええっ??それはいかん。まぁとりあえずSRMWinで落として貯めとけばいいけど。WKO+側でインポート早期対応お願いします。


(3) Pinotti's Giro TT data
http://www.velonews.com/photo/76962

一定のタイムウインドウの中でアベレージ374Wを守っているようなペーシングだな。割とスムーズなセクションでも350~420W(≒平均374Wに対し-6%~+12%)の変動幅で走っている。

Wattageでも指摘されていましたが、実はウォームアップがわずか18:50、最後1:30だけ300Wを超えている程度だそう。最近は自分もウォームアップ最小派ですが、クラシックなセオリーとは違うようです。


(4)「TSBだけでは不十分」 by AC
http://groups.google.com/group/wattage/msg/398a31810c8a66be
--------------
To add one additional caveat/constraint: TSB probably won't be
particularly indicative of performance potential unless carbohydrate
intake is adequate.
--------------

ごもっとも! でも見過ごしがちでした私。カーボローディング、レース中の補給の重要さ...というのは知識として頭にあったんですが、自分はまだまだ研究・実践不足な領域だと思います。


(5)Noakes on Let's Run Forum
最近“Lore of Running”にハマッてますが、著者Noakes(ノックス)さん本人がLet's run forumに登場。このトピックのp.44~47あたり。Steve McGregorさん(WattageでもおなじみStephen/Steve McGregorさんだと思います)との議論が面白いです。
http://www.letsrun.com/forum/flat_read.php?thread=2412208&page=44

ノックスさんといえば中枢制御モデル(Central Governor Model: CGM)理論。[1]の訳を引用させて頂くと、「1)パフォーマンスは脳によって決定される、2)トレーニング効果は脳に生じる」というもの。これはTabataトレーニングのように、運動生理的適応が生じ得ないような(実際、生じないそうですが)短期間で、パフォーマンス向上の生じる現象の説明として合理的です。

※CGMについて日本語で読みたい人はこちらを
[1] http://www.e-running.net/introduction/intro-ito01.html
23:21  |  未分類  |  記事編集

2008.06.01 (Sun)

2008年度 第1回 笠山TTまつり

Sunday, 1 June 晴れ。今日は有志数名による「笠山TTまつり」開催である。参加者はtarmac、VXRのジル選手、今日はビアンキ山岳TT車のBランク選手、ピナレロパリの脇道探索家選手、BMCの夜勤明けナイスミドル選手。

コースとしてはいつもの笠山(林道栗山線)を登って、荻殿線を下って(約8分のレスト)、すぐさま白石車庫から定峰茶屋へ登る。登りパートの合計は40分~50分くらいになるはず。栂池参加のみなさんの心と体の準備には丁度良いでしょう。笠山で記録を狙うもよし、2本揃えるもよし。

自分は笠山のタイムは更新ならずもAvgパワー、20MPを更新。その後の定峰、こちらも14:40@247Wと悪くない。じゃあ昨日はなんだったんだと。

これまでの記録:
(Date、笠山TT、直近の20MP)
20070221 2630@251W 265W
20080329 2550@239W 241W
20080430 2517@242W 245W
20080502 2507@244W 248W
20080510 2502@250W 253W
20080517 2435@254W 255W
20080524 2438@254W 256W
20080531 2527@246W 247W
20080601 2440@255W 257W ←本日
※2007年はPTSL、2008年はすべてSRMの値。

------------
今日は自走である。流石に疲れているかな、とEペースで走りつつ、途中軽いスプリントを入れる。松郷で重いギアで短時間踏んでみたら案外パワーが出る。なんとか走れそう。昨日帰ってきたのは夜だったけど、寝るまでちょろちょろ少しづつカーボ補給(かつ繊維質やタンパク質を控え目に)したのが良かったか。

11:30に東秩父直売所に集合。草餅一個とゲータレード3を買って出発。
自分はジル選手、Bランク選手と同時出走。今日は特にジル選手の出来を見たい。

自分が先頭になってスタート。つがいけのつもりで最初6分を260Wで引く。今日の20MPはこの笠山前半でマークしていた。Bランク選手ついてくるが息が荒い。5分程度で垂れるだろう...やっぱりそうなった。ジル選手は(いつものように)無理に前に出てきたりしない。む、クレバーですな。

自分はそのまま飛び出した格好となる。案外ペースがよいのでそのままAvg.255W、平均ケイデンス69で走破(いつもは75~80くらい)。タイムもPB+5秒なので悪くない。

止まらずに荻殿線を下る。ここで約8分休める。ゲータレードを全部飲みきる。

白石車庫。む、案外たれていない。いつもは笠山TTの後は、R11まで下って十分休んでから定峰に入る。それでも定峰はかなりタレる(240W超えれば○な方)。しかし今日はAvg.247W、14:40で走りきれた。まぁ橋場からじゃないのもあるかな。

ジル選手続いてゴール。定峰で追いついてくるかな、と予想していたけど結局1分くらい?離れた。ゴール後ジル選手に聞いたら、定峰で14:30が出ていたそう。むむ、ネガティブスプリットですな。つがいけもその調子でヨロ!
------------
Bランク選手、BMC選手、ピナレロ選手とゴール完了。おつかれさまでした。皆様で大野原方面に下り、蕎麦「蕎都」へ。自分は田舎蕎麦大盛(\950)にしました。成人男性はデフォルト大盛がオススメです。田舎蕎麦はかなり太・硬麺で最高です。ゆっくり噛んで楽しんでいたら、皆さん食べ終っちゃってるのに、自分だけまだ半分以上残ってました。すいません。

あとは丸山経由で帰る。丸山はもう215Wしか出なかった。タイムも36分以上かかった。正味5.3h走ってIF0.8(まだFTP変えてないのでウソですね)。

20:24  |  未分類  |  記事編集

2008.06.01 (Sun)

雨でも笠山 東秩父にもインフレの波

Saturday, 31 May 雨。午後には小康となる、ことなく結局本降りの中、笠山TT。ゴアさん偉大なり。今日は246W、25:27とかなり失速。あとはいったんR11に出て、橋場から定峰を237Wで登って終わり。

これまでの記録:
(Date、笠山TT、直近の20MP)
20070221 2630@251W 265W
20080329 2550@239W 241W
20080430 2517@242W 245W
20080502 2507@244W 248W
20080510 2502@250W 253W
20080517 2435@254W 255W
20080524 2438@254W 256W
20080531 2527@246W 247W ←本日
※2007年はPTSL、2008年はすべてSRMの値。

一回「山」が来たあと、しばらくするとこんな感じで停滞or低下状態がくるのは過去にも経験している。ペースアップによって、新たに動員され出した筋繊維の部分(疲労に弱いType IIa~IIb)が、十分に訓練済みのType Iに比して早期に疲労蓄積してしまう、ということだろうか。フィーリング的に軽い感じでもダメだったりする。

それでも数週間ほど我慢して続けているとまたパワーUPしたりする。しばらくは245-250Wのゾーンで時間・回数を増やし、リトライしてみるか。

しかしあまり低い強度になるようなら、そのLTワーク自体をカット・順延したりしてみようか。今までは強度が出ないなら出ないでそれなりにやるようにしていましたが、ちょっと変えてみようと思っていたり(Noakesさん本の影響?)。

---------------
さすがに夕方の直売所は品薄。でもお切り込みだけ頂く。今日の麺はコシが最高です。あ、しかしなんか微妙に値上がりしてる。麺類+50円、饅頭+10円。小麦価格高騰の煽りとのこと。大変ですね~ でも旨いからいいです。
00:03  |  未分類  |  記事編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。