QLOOKアクセス解析
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.01.26 (Tue)

LT / Speedplayのクリート緩む

(1)今朝のワークアウト
01h03m, 850kJ, シロモト
LT 25min @241W rest 2min (using インナー34T)
LT 25min @245W (using アウター50T)

このところ強度的には頭打ち感があるので、各5分づつ長くして過負荷にする。ちょうどコンタドールがBARBIER(バルビエリ?)山にゴールするタイミングで終了。以外に疲弊した感じではないが、これ以上はもう少し体が適応してからかな、といった感触。

SRMのゼロオフセットはおちついてきたが、値が前より若干低く出るようになったフシがある。参考値としてPTではそれぞれ255W、257W。いつもの-10Wの法則に従うと245W、247Wくらいになるはずだが、特にインナー側で乖離が大きい。おそらく、ボルト増し締めをインナー側だけ実施したことに起因している。たぶんインナー側のボルトが前から緩んでいて、その状態ではちょうど-10Wルールにマッチするスロープ/ゼロオフセットだったのであろう。

本来スロープの再校正が必要だが、面倒だからPTのトルク表示で合わせちゃおう。


(2)日曜あたりからなんか左足がカパカパするな~と思っていたら、今日のワークアウト後にSpeedplay左クリートが完全にユルユルになっているのを発見。細い4本ではなく、太い3本のベースプレート固定ボルトの方。こっちが緩んだのは初めて。経験上、細い方は初期に緩むのを増し締めしておけば、あとは当分緩まない。

太い方は滅多に緩んだことはなかった。今回もネジロックを塗って放置しておいたけど、今頃初期の緩みがでてきたか?まぁベースプレートの樹脂が凹むとどうしても緩む可能性はあるか。speedplayはクリート本体を外さないと、ベースプレートの太い3本ボルトを調整できないのがネック。
スポンサーサイト

タグ : ローラーLTワーク speedplay

12:54  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。