QLOOKアクセス解析
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2011.02.02 (Wed)

Quarqゼロオフセット疑惑、の補足情報

その他の関連URL
Quarq Calibrations Readings
http://groups.google.com/group/wattage/browse_thread/thread/4df624f609b0d30f/
-200とか-300はおもいっくそ通常値のようである。

クランクトルクの計算
クランク長R[m] * ペダル印加加重Weight[kg] * 9.8[N/kg] = Torque[N-m]
これがQuarqやSRMのトルク観測値です。 Quarqは32倍の値で表示してるので注意。

クランクトルクの例
俺の場合で、10~50[N-m]くらいです。ローラーLTワークや山登りの平均で30[N-m]強。劇坂で50[N-m]超えるくらい。WKO+ではQuarqでもPTでもCrank Torque換算で表示されてますね。

パワーの計算
Power[W] =Work[J]/time[sec] = Torque[N-m] * 角速度Omega[rad/sec]
= Torque[N-m] * (2 * 3.14) / ( 60 / cadence [rev/min] )

「cadence [rev/min]」はケイデンス。 「60 / cadence [rev/min]」はクランク一周の所要時間。
例えばケイデンス75[rev/min]なら、クランク一周あたり60/75=0.8[sec]かかる。このとき角速度Omegaは(2 * 3.14) / (0.8) = 7.85[rad/sec]。

たとえば(私の典型的なLTワークの値で…)トルク30[Nm],ケイデンス75[rev/min]であれば 30 *(2 * 3.14) / (60/75) = 235.5[W] とかです。

ゼロのズレの影響は
ということで、例えばQuarqの場合ゼロが3ポイントずれると、約0.1[N-m]だけ、トルク測定値にズレの可能性が出てきます。上記の私のLTワークの例で言うと約0.3%、0.8[W]程のズレに相当します。まぁ、その程度ってことですね。昨晩の例では10ポイントの変動を観測したので+-2.5[W]くらいは誤差の可能性があります。01/30(日)のデータでは、気温差10℃くらいあっても、10ポイントも変動してないですね。

Quarqの人の言うとおり、10~15℃とかの変化に遭遇しないかぎり、ゼロの再リセットしなくても、公称誤差を大きく逸脱するような事は無いと思われます。
スポンサーサイト

タグ : PT SRM Quarq

12:55  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

2010.05.06 (Thu)

【出品中 5月 10日 0時 16分まで】FSA-SRM

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f86834864

ワイヤード FSA-SRM Compact クランク170mm PCV 50-34T&53-38Tチェーンリング BB付き。

インナーがPCD110、アウターがPCD130って構造です。Compactタイプはebayの中古でもなかなかタマが出てこないですね。日本人向けにはメジャーなクランク長170mmとなると尚更少ないです。172.5mmはやたら数が多くて、その分相場が安いようですが。

元々はCompetitiveCyclistさんから2007年秋に買ったものです。
買ったときについてきたチェーンリング(50/34T:使い差し、53/38T:未使用)が付きます。
PCVのハンドルバーマウント、充電器、USBアダプタ、センサー(BB下にネジ止めするタイプ)はもちろん付属。ついでに使い差しのStronglight50/34Tチェーンリング、未使用のスギノ42Tアウターも付けます。

クランク側の電池は2009年8月に自家交換。使用状況によりけりですが、クランクの電池は1年半~2年弱持つようです。PCVの電池は一回も交換してません。

BBはFSA製で、2009年夏に新品に交換したやつを使い続けてます。

SRMは防水が無敵で、ノーメンテでひたすら稼働し続けます。
後輪を幾つも使い分ける必要のある方は、SRMかQuarqって選択肢がいいでしょうね。

タグ : SRM

03:18  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  記事編集

2010.04.02 (Fri)

LT 1x40 / FSA-SRM売却のお知らせ

(1)今朝のワークアウト
01h00m, 0830kJ, シロモト
LT 40min @245W (using アウター50T)

コピペ度93%。今日もPT+Edge705のみで計測。昨日よりPEは低く、このペースなら60分もいけるかな、という印象。DVDの英語にも傾聴できる。

本日はジロ2009ステージ12 山岳TTに萌える。100%エフォートが続く訳では無いと言え、100分のTTとは参ります。ディルーカやメンショフに比べ、ウィギンスやアームストロングは、この時点で全然ピークにしていないことがよくわかる。

5月から2ヶ月かけ、7月のTDF最中にピークがくるように計画しているのだろう。では6月には何をやっているのだろうか? 5月にボリュームを確保した後、TDSその他で比較的高強度なトレーシングを増加するのか?ランスの場合は高地キャンプとかもあったな。


(2)ということで、ワイヤード FSA-SRM Compact クランク170mm PCV 50-34T&53-38Tチェーンリング BB付きなど、欲しいとかいうナイスガイは居るでしょうか。ebay中古相場を意識しまして、10万以上のベスト・オファーを待望。「管理者だけにコメントを表示」で連絡入れてください。


(3)明日は赤城かな~ 
 でも今日の風雨がすごかったので山の中はヤバイか?


タグ : ローラーLTワーク SRM

12:42  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  記事編集
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。