QLOOKアクセス解析
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2009.09.17 (Thu)

LSD / 高地を勉強する会

(1)今朝のワークアウト
LSD、01h19m、0630kJ。シロモト。
睡眠時間を確保してからやや短くワークアウト。

(2)LSDの友と言えば読書
「高地トレーニングと競技パフォーマンス」をまた少し読みました
SN3K0180.jpg


高地でのパフォーマンス低下というとVo2Maxで語られることが多いですが、実用的?にはむしろLTレベルでどれくらい影響があるのかに興味があります。

このページのデータによると、Ausのエリート女子ロード選手が3x10minのワークアウト(85%V-dot-o2Max相当)を行う場合、平地に比して標高2000mでは7~5%パワーが低下しているそうです。2000mではVo2Maxの低下もそのくらいですから、やはりLTレベルでもVo2低下にほぼ相当するパワーダウンが発生するということです。

というか、2000mでもそんなに落ちるのなら、栂池や美ケ原でも高地適応度は十分影響がありそうです。


本にも書いてあるのですが、高地入り後の時間ってのも結構効いているかと。実は今年2009/08/03の乗鞍試走、200708のレース本番は、現地入り直後に走行して、少なくともパワーの数字的には好結果なんですね。
http://tarmac2006.blog103.fc2.com/blog-entry-728.html
注:2006の方が高く見えてますが、これはPTとPT-SLの違いがあるはず。それにペーシングの違い(2006は2007よりポジティブスプリット気味で走っているので、高く出るはず)もある。

書き忘れてましたが、今年2009/08/03試走では224W(しかも枝折峠レース翌日)、2009/08/30レース本番218W。ムムム。2007の波田宿泊作戦は実は正解だったのでは??
http://tarmac2006.blog103.fc2.com/blog-entry-156.html

スポンサーサイト

タグ : 高地トレーニング

12:25  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  記事編集

2009.09.16 (Wed)

LT 2x20 / Lance Armstrong blood values

(1)今朝のワークアウト
Total 900kJ in シロモト
LT
20min@231W
5min rest
20min@226W

このテンプレ久々だなー しかし値はアレです、乗鞍のバキンさん状態。風邪の影響はまだ続いている。だいぶ快方にむかっているフィーリングはあるが、パフォーマンス的にはそうなっていない。胃も弱め、ワークアウト後も大して食欲増進せず。


(2)Lance Armstrong blood values
某所に貼ったついでに。特に新しいネタではないんですが、LAの2008/08-2009/07の血液データです。
http://community2.livestrong.com/ver1.0/Content/images/store/9/10/c981f7be-e46c-4245-aa9d-d61ae110a264.full.jpg

Hbは14前後、Htは43前後で推移しているようです。Htは低調だと40を割り、ピークだと45を超えている。TDF前後では、07/14、07/25のHt43がピーク。07/14は、ランスがコンタドールに2s遅れでゴールした日(Stage 10)。.07/25もモンバントゥでコンタドールの次でゴールした日か。どうやってそういう重要な日に合わせるんでしょう。連続してあれだけ走っていたら、ほぼ単調減少になるのでは・・・そこがプロライダーの体ってことか。


これは自分用としてついでに貼っときます
http://www.runnersweb.com/running/altitude_training.html


(3)一応、JCRC塩原(10/04-05)にエントリ。あーしかしこのヘタレ基調では・・・

タグ : 高地トレーニング

12:35  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

2009.09.11 (Fri)

高地トレーニングと競技パフォーマンス

20090911211906

20090911211909

また本ばかり買ってしまいました。

ついでにメモ
どちらも同じ高地レース(Moriarty)対策へのACの対策と結果を書いたもの
http://forum.slowtwitch.com/Slowtwitch_Forums_C1/Triathlon_Forum_F1/train_low,_race_high..elevation_that_is_P2476352/
--------------------------
This flatlander is doing a race at 6200 ft altitude in just 10 d. To prepare, for the past 4 mo I've been doing thrice-weekly ergometer session while breathing a hypoxic gas mixture, then set up the altitude tent and slept in it for the 1st time last night. I will arrive approximately 15 h prior to the event, but since planes aren't fully pressurized, to sea level, will effectively be at altitude for approximately 18 h before racing.
--------------------------


http://wattagetraining.com/forum/viewtopic.php?f=2&t=159&sid=5940676d94b4891980dda9c5cf38ac89&start=30

----------------------
Aye, Bassett's metaanalysis would only show you the average response. My operating assumption, however, is that those who are more impacted by altitude (which as you allude to, would be those who desaturate the most at sea level) would still improve with acclimatization, even though their performance would tend to fall below the mean curves in both the non-acclimatized and acclimatized states. At least in my case this interpretation seems to apply, in that 1) I experienced moderate exercise-induced arterial hypoxemia (EIAH) at sea level, and 2) even after making some significant effort to acclimatize, still experience a decrement in performance that puts me about half-way between the two curves (e.g., maintaining 90-91% of sea level power in Moriarty vs. the 92% predicted for someone who has acclimatized for several weeks and 88% for someone who has not).
--------------------------

タグ : 高地トレーニング

21:19  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。