QLOOKアクセス解析
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.11.18 (Thu)

龍勢2010:クラス別区間タイム

(1)
11/17(水) 夜 60min 600kJを追加
11/18(木) 朝 睡眠、通勤裏道跨線コース

(2)龍勢2010のクラス別区間タイムについて All Sportsの写真撮影点より・・・
男子Cの前半はどんだけ遅いんですかかかか
エキスパ男子B男子C
(a)スタート09:2009:2609:29
(b)11km地点
太田部峠手前
第一撮影ポイント
09:37:50付近?
スタートからおよそ
17分50秒後
09:43:40付近?
スタートからおよそ
17分40秒後
09:48:20付近?
スタートからおよそ
19分20秒後
(c)ゴール(先頭)スタートから39分51秒後
(b)から22分01秒後
スタートから39分54秒後
(b)から22分14秒後
スタートから41分39秒後
(b)から22分19秒後

スポンサーサイト

タグ : レース 龍勢 分析

12:56  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

2010.11.15 (Mon)

龍勢2010:年度毎の区間タイム

正式リザルトでました。早くていいですね。
http://sunday-sunday.net/race/2010/2010Ryusei/res.htm

区間タイムを年ごとに集計しました。鳥居までのタイムは毎年バラバラです。クラスや開催年(先導の加減)により、最速パターンでは県道セクションで1分くらい、鳥居までにさらに30秒くらい早かったりすると思います。

今年は昨年比コンディションが良く、全体に軒並みタイムUPしてます。しかし男子Cについては先頭でこれですから、ダントツで最遅パターンですね。男子Bやエキスパートの区間タイムが知りたいところ。鳥居以降はばらけるので、概ねW/kg見合いのタイムになってると思います。



2006
男子B
4位


2007
男子B
優勝
コース
短縮
31:14
2008
エキス
パート
xx位

2009
男子B
5位


2010
男子C
優勝


0+2.5km
(吉田支所
~旧スタート地点)
- 4:14 5:18
県道パレード
5:30
県道
パレード
05:36 
県道パレード
 +4.56km
(
旧スタート地点~鳥居)
10:26
先頭集団から
千切れ済み
9:57
ずっと先頭
11:05
先頭集団から
千切れ済み    
10:00
先頭集団から
千切れ済み

鳥居で落車
10:33
先頭集団
 +5.15km
(鳥居~太田部峠)
16:55 17:04 18:32 17:52  16:45
 +667m
(
太田部峠~下り)
1:00 - 1:07 1:10  0:56
 +3.27km
(登り返してゴールまで)
9:52 - 10:43 10:00  9:12

※ データ測定点のズレで数字の合計が微妙にずれたりしてます。タイヤ周長や測定方法(SRM/PT/GPS)の違いもあります。 2006年はこんなに速くないだろう・・・

2007年の鳥居~太田部峠は273Wだったか。今年はドラフティングと軽量化でトクしてるから、この区間のパワーは同じくらいかな。

コメントありがとございます。夜また書きます。

タグ : レース 龍勢 分析

18:30  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

2009.11.17 (Tue)

龍勢HC2009のデータ(2)

年代別優勝した2007年度と比較するとどうだろう?あの年は(A)+(B)+(D)区間でパレード走行無しのレースだった。この年、(A)区間は4m20sくらい。全体では31m15s Avg.263Wなので、(B)+(D)区間は26m55s。

今年のデータによると(B)+(D)区間は27m36s。やっぱり40sほど遅い。しかし(D)区間で2007年は約270W、今年は約244Wだから随分差があるぞ。

26Wで40sは・・・30分のHCならまぁ1分差をつけるのに5W、40secなら3.3Wくらいではないか? 前から疑ってましたが、今だにSRMの測定値はちょっと下にずれてます。前にPTと合わせたんだが。-22Wもずれてるのか??ありえん。そんなに軽量化した覚えもないが・・・。

しかし仮に2007の自分を再現しても、5m30s+26m55s+11m=43m25sくらいだった訳で、やっぱり優勝には4Wくらい足りない。やはりクラス全体にレベルが上がっていると見るべきですね。もう一段レベルを上げて、来年リベンジです。

そして今年のパワーのままだと、こけなくても5m30s+27m36s+11m=44m14sくらいにしかならなかった訳で、優勝には8Wくらい足りなかった。来年、同じ条件、測定環境で(B)+(D)区間で253Wくらい出せてれば、あとは装備(フフフ・・・)次第でなんとかなるかな。

とかいって来年は激戦の男子Cなのだが・・・・

タグ : 龍勢 レース 分析

12:45  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。