QLOOKアクセス解析
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2009.10.13 (Tue)

2009/10/11八方ヶ原データとペダリングの件

(1)画像はWKO+のレース部分のデータ。この標高ならフラットペーシングで済むから簡単。いつもの通り、マイクロ・ペーシング(瞬時値の制御)はしていない。数分おきにAvg値をチェックして、大はずれにならないようにしているだけ。マクロ・ペーシングとでもいったら良いかな。平均ケイデンスは78、これはいつもそんなもの。もうちょっと高い場合もある。特に意識してケイデンスを高くor低くしようとしたことはないです。「Cadence is a red herring」といいますが、「筋収縮速度」は個人によって好適範囲が間違いなくあるし、ギアの制約が無けりゃ、無意識に好適範囲に自律調整しちゃうと思いますね(少なくともTTエフォートなら)。
happou20091011b.jpg




(2)今回、枝折峠以来にパワフルなペダリングのイメージを取り戻した。具体的には、脚のアップストローク側をやや大きく。上死点付近(筋収縮速度=低)ではトルク弱く、17時(筋収縮速度=高)に向かってトルクUP。下死点まで踏み抜く。

これにより、反対の脚の筋収縮速度がまだ低い時間帯に、無理をさせないことが可能になる。ポジション調整したりして、しばらく忘れていた。

正直「チョッピー」…つまりトルク変動大だろうな。でもMTBじゃないから、トルク一定にする意味もないですね。Ed. Coyle(Cogganの先生)のむかーしのサーベイでもエリート選手の方がチョッピーって結果でした。

http://www.edb.utexas.edu/coyle/pdf%20library/(40)%20Coyle,%20Feltner%20et%20al,%20Physiological%20and%20biochemical%20determinants%20of%20elite%20endurance%20cycling%20performance,%20Med%20and%20Sci%20in%20Sports%20and%20Exercise,%2023,%2093-107,%201991.pdf

(誤 このリファレンスは間違い)
http://www.edb.utexas.edu/coyle/pdf%20library/%2843%29%20Kautz,%20Feltner,%20Coyle,%20Baylor,%20pedaling%20technique%20of%20elite%20endurance%20cyclists,%20changes%20with%20increasing%20workload%20at%20constant%20cadence,%20Intl%20J%20of%20Sport%20Biomechanics,%207,%2029-53,%201991.pdf


しかしこれがシッティングで上体の起きたポジションでないとできない・・・なんとかならんもんかのう
スポンサーサイト

タグ : 八方ヶ原 ペダリング レース

13:51  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  記事編集

2009.10.11 (Sun)

LT / 八方ヶ原HC

(1)八方ヶ原HC
レース部分
46:31@240Wで3位。感触は良好。しかしPBに1分近くおよばず。龍勢あやうし。

(2)ゴール地点の模様
2010年はエアロ&重量化がトレンディ。

20091011205620

20091011205623

タグ : レース 八方ヶ原

20:56  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。