QLOOKアクセス解析
2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  記事編集

2010.11.29 (Mon)

足元を固める件

今日はイイニク(11/29)の日ですが、そういえば肉はカナダ以降、病院食で久しぶりに食いました。新鮮でした。

11/20(土)にさかのぼって。以前、右だけ長いペダルシャフトにしたと書きましたが、さらにワッシャで+2mm外に。また少しフラペのポジションに近づいた。しかしまだ足りない感じ。特注のエクストラロングtiシャフトが楽しみです。

11/20(土)は上記セッティングで、まず定峰ロングでテスト。今季PBを狙いたかったが、タイムは28分@256Wくらいだったのでイマイチすぎる。バキンさんは龍勢直前に全然早いタイムを出していたから、レースでよく勝てたなぁという感じ。

この後、さらに右インソールも抜いてみた。これまでスペーサ(右だけぶ厚い特製インソール+右だけクリートに追加ベースプレート)で右足を上方に押し上げていた。そうしないと、右脚が「何か違う」という感触だったし、実際これを止めると右膝や右腰に妙な違和感が出る。フラぺでは当然左右でソールの厚みに差などない。この時は外出先だったので、すぐ戻せるように、まずインソール抜きだけ。

この変更により、さらにフラぺ感が高まり、以下の効果を確認できた。

・左脚ハムストリングで常時トルクをかけられる。これまでヒルクラ等、バートップポジで上体を起こしたフォームにて体を揺する動作を併用しないとできなかったが、変更後はドロップポジでもできる。起伏のある道路で試してみると、ドロップポジでのパワーがノーティサブルに高い。これまでドロップで踏んだときに感じていた、「イヤな筋肉」への負荷のかかりがなくなった。

・反面、左脚の大きな筋肉(尻~ハムストリングス)に疲労が出やすくなった(が、これはそこを常時使うようになったということだろう)。

数日おいてみて、腰や膝に違和感が出ないか不安だったが、違和感は出てこず、むしろ良くなった感じ。11/27(土)、28(日)はインソールを左右同じ(S-Works BG付属品)に変更し、かわりに右クリートの追加ベースプレートを抜いた。感触としては11/20(土)と変わらない。サドル上でさらに腰を右にズラすように意識すると、さらにナチュラルになった。もう少し長い、特注右ペダルシャフトが待ち遠しい。
スポンサーサイト

タグ : ポジション

18:56  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

2009.12.04 (Fri)

LT(やや弱で通し) / ハンドル下げ失敗

(1)今朝のワークアウト
01h01m, 800kJ, シロモト
LT 50min @233W (using インナー34T)

LTブロックトレーニング4日連続の4日目。今日はさらに疲れがあり、ピュアLTはちょっとつらいか、という感じ。若干パワーを下げて、代わりに一本通しで時間を長めにする。このくらいならまぁそんなに辛いことはない。こんな感じに調整すればLT付近のワークアウト時間は十分稼げる。今日はちゃんと「フィル・リゲット」と聞こえたぞ~

(2)ポジション調整の一貫で、今朝はためしにステムを15mm一気に下げてみた。あーやっぱりダメだこれは。腰にくる。やめよう。それに低くする以前にまず近すぎる。リッチーのアジャスタブルステムを買っておいたので、今度はこれで「高く遠く」にしよう。昨日書いた通りで、腰-太腿の角度をタイトにするのはNG。パワーが出なくて腰にも悪い。角度を変えずに、腰-太腿の支点を上・前に移動したい。

(3)全然関係無いけどGoogle日本語入力にした。軽いしアタマも良い。「アジャスタブルステム」とか自動学習ですんなり。

タグ : ローラーLTワーク ポジション

12:32  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  記事編集

2009.12.03 (Thu)

LT / WW式ポジション計算

(1)今朝のワークアウト
00h51m, 700kJ, シロモト
LT 20min @238W rest 3min (using インナー34T)
LT 20min @242W (using アウター50T)

今日は少し疲労残りを感じたので、若干ペースを落として実施。同じシーンを繰り返し聞いていたら、フィル・リジェットさんの結構細かいトークも聞き取れるようになってきたぞ。

(2)サドル高をさらに3mmほどUP。そろそろ限界だろうか。これでなれてきたら、今度はサドルを前に出し、ステムを伸ばすようにしたい。

この辺はいろいろセオリーがあるけど、この前、ためしにWWのbeatnikさんのシートで計算してみた。この方式は精密さは無視して(どうせ調整するし・・・)簡易にざっくりベース・ポジションが計算できる。
http://weightweenies.starbike.com/forum/viewtopic.php?f=8&t=51071

入力は(1)股下、(2)肘~中指の長さ、(3)フレキシビリティ。結果、フレームサイズ水平TT 52cm、サドルはあと+1cm以上UP、BBからのサドル先端の前後オフセット6cm、ステムは10~11cm、落差5cm強と出た。

まぁそんなもんだろう。R3は51cmでステム80mmなんだけど、現状どう見ても上体が立ってるから、サドルをさらに上・前に出して、腰を閉じないように(パワーが犠牲にならないように)上体を倒したいところ。

あとクランク長も167.5mmとか出てきてしまったが、これは前から試してみたいと思っていた。

タグ : ポジション

12:43  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)  |  記事編集
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。